写真の現像作業

写真の現像作業というと、暗室にこもってというイメージがあるのですが、この場合はデジカメで撮影したRAWデータをJPEG(など)データに変更することをいいます。
初めてこれをそう言うのだと知ったのはD70が発売されるときですから今から3年前。
発売直前にD70のスタートガイドブックとか図書館から色々借りてきた本を読み読みし、「現像ってそういうことだったんだー」とふむふむと納得したものです。
いや懐かしいなあ。
D70ももう3歳と3ヶ月。途中で部品交換とかはしましたが今も元気です。
#でも最近「CHA」が出るようになってきました…(遠い目)

さて、私が撮るD70の写真は殆どこの現像作業をしなくてはなりません。
要するにもう殆どがRAWデータ! ニコンだからNEFデータなんですがどちらにせよRAWデータです。
サイズがでかいです。HDD侵食してます(笑)。ビューアないと見られません。
でもRAWデータで撮影するのは、PCでゆっくりと色調整とかしたいからにつきます。よっぽど変な露出補正とかしていないかぎりRAWならPCでいじれるのでばんざい。
ホワイトバランスもいじれるのでばんざい。
撮るときはピントと絞りと画角とそれだけに集中するので精一杯なのです!(キャパ狭っ)

前は現像にNIKON VIEWを使っていました。ニコンユーザなら無料なのが嬉しいエディタつきで、これでいじってからPhotoshopで加工するというのが定石パターン。
今はにこきゃぷことNCことNikon Capture 4を使っております。
メモリ食いますがやっぱり本職は違うぜー!という具合で、細かい露出補正とかホワイトバランスとかライトニングとかできるかぎり自然な感じででもいじる(笑)。
といっても自動補正と自動カラーバランスで後はちょちょっといじる感じで済んでいるのがまた嬉しいです。

ただし重い…ということでNXにはまだチャレンジできておりません。
メモリ食いなのです。
いつかチャレンジできる日がくるでしょうか?

ちなみに現在は相方のビデオ編集用PCをのっとって処理中。さすがに違います。きゃっほう。

などと思いつつ、たくさん撮ってきた日にはばったばったと現像しつつ、ナンバリングして素材サイトへUPだーというのがいつもの流れなのでした。
#故に日常の写真がないがしろになることもしばしば。嗚呼

Nikon Capture 4
http://www.nikon-image.com/jpn/products/software/capture4/index.htm
#何より安いのが嬉しかったです。うひひ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Sarururu

Author:Sarururu
読書感想やゲーム・手芸などについて書きとめています。
趣味:
手芸いろいろ、読書、もの書き(同人)、お茶を飲む、ゲーム(FFTなど)
好きな小説(ラノベ多め):
十二国記、まるマ、マリみて、シュガーアップル・フェアリーテイル、響け!ユーフォニアム、ヴァイオレット・エヴァーガーデンの各シリーズ(他にも)

検索フォーム

カウンター

+207077(過去ブログ分)

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック