「県庁おもてなし課」を読んだよ

途中図書館戦争シリーズが殴りこみをかけてきたので(自分でかけたんじゃないかー)中断していましたが今日読み終わりました。

なんというか、晴れ晴れとした気持ち。
そしてまだまだ話は(物語の中で)続いていくんだなあという気持ち。
そんなふうに思いました。

中に出てきた日曜市は「天然生活」という雑誌でも取り上げられるくらい人気の朝市として有名らしいです。
盛岡にもよ市という土曜夕方にやる市があったりそれこそ京都にも超有名な東寺さんとかがありますし(ですよね?)…いいですよね、市って。
ちくしょうパリかロンドンで行きたかったぜ蚤の市ー!と思ったりもしているのですがボルドーで行ったからいいか…あのいちごはうまかった…

閑話休題。
最後のほうでぐったりしながらも対談の続き(本人はその気はない)として話している掛水くんがかっこよかったです(笑)
目がキラキラしている県庁職員!なんていいんでしょう。

観光というお題はこれからの日本がどうなっていくか、そういった側面も持ち合わせていると思います。
また、今回の震災でせっかくの観光資源が壊滅的被害をうけた地域もたくさんあります。そういった地域のリスタートのためにこの本は励ましになるんじゃないかなとそんなことを思いました。
#印税はすべて義援金となる予定だそうで。

面白かったです。自衛隊三部作とも図書館戦争とももちろん他の作品とも違ってて、新聞小説というのをうまく生かしている作品だなあと思いました。

そうそう、各章のつけ方が有川さんらしくて(笑)面白かったです。グダグダとかジタバタとか(笑)

さあ週刊ブックレビューをみるぞ!(まだ見てなかったらしい)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Sarururu

Author:Sarururu
読書感想やゲーム・手芸などについて書きとめています。
趣味:
手芸いろいろ、読書、もの書き(同人)、お茶を飲む、ゲーム(FFTなど)
好きな小説(ラノベ多め):
十二国記、まるマ、マリみて、シュガーアップル・フェアリーテイル、響け!ユーフォニアム、ヴァイオレット・エヴァーガーデンの各シリーズ(他にも)

検索フォーム

カウンター

+207077(過去ブログ分)

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック