入稿完了しました〜!【同人活動のおはなし】

9月23日(土・祝)に開催されるイヴァリースアライアンスオンリー「イヴァフェス3」あわせの新刊を本日入稿しました。あとは印刷所さんにお任せです。
気分は人事を尽くして天命を待つ状態です。

ここ2ヶ月ほどちまちまと書いたり直したりしたのがやっと終わりましたー!
FF12TZA我慢したのも今日までだー!! プレイするぞー!
うわーい!
…と思うのですが、何よりほっとしたので今はどっと疲れております。いやはや。

まあそんなことはさておいて、どんな本なのかを簡単にご紹介。
まずは表紙です。

20170822_skybluesky.jpg

↑写真をあれこれいじってみました。点描にしたりレイヤー重ねてみたり。
元の写真はD70で撮影した(場所:ベルサイユ宮殿・王妃の村里)ものですが、驚くべきことに少し引き伸ばさないと表紙サイズには足りませんでした(゚ロ゚) RAWデータだったというのに!
時代か…。
ちなみにこれは表(表1)ですが、背表紙~裏表紙(表4)も繋がっています。

中身は、FFT(ファイナルファンタジータクティクス)のオールキャラ短編集です。再録11本+書き下ろし6本の計17本を収録したA5サイズ・84Pの本です。頒布価格は600円を予定しています。
Chap.2からクレメンス公会議後の時間軸で、様々なカップルやコンビや対決モードな人々を書いてみました(カップリングはラムザ&アグリアス、オーラン&バルマウフラ、ディリータ&オヴェリア、ベイオウーフ&レーゼ、ムスタディオ&アルマとなります)。

作成する前は「うむむどうしようどうしよう」と頭を抱えていましたが、結果としては楽しく書くことができました。もはや好きなものを好きなふうに好きなだけ書いた&再録したというふうでもあります(再録しなかったものも思い入れあるのですが)。
それでもページ数が足りなかったり(きりがよくなくてともいう)して「ああなんだか急展開」なお話もあったりもして…しかし長くなると違う方向に行きそうな気もして、やっぱり何か書くというのは難しいとしみじみしたりもしました。
余談でした。

ちなみに通販についてはオンリー終了後に「BOOTH」での取り扱いを予定しています(自宅からの発送です)。気になるぞ&でもオンリーには行けないぞという方は9月24日以降にまたサイトやブログの方にてお知らせを出しますのでおもとめいただければと思います。

ということで入稿完了したぞ、の話でした。
スポンサーサイト

しばし凍結を決意(カメラ話)

本当ですか?>自分
とツッコミを入れたくなるくらい発作的に「カメラどうしよう」病です。
でもカメラを使う機会がどれだけあるかというとやっぱり最近は出歩いてないしなんだしで撮影してない…新しい機材は要らないのかなあ…とも考え始めました。相方の吹聴もあるのですが。
*ちょっと前まではマイクロフォーサーズをまた推してたくせにー。パナライカ45mmマクロもいいね!とか言ってたくせにー。コロコロ意見が変わるのです。そしてそれに踊らされ気味の私。
*次に言われたのはだったら9000Dは?と。いやその…まあいいけど。測距点増えるのは魅惑だけど。でもまだ試してません…。←何をしに昨日秋葉原に行ったんでしょう←同人誌買うため?

確認しますと、今持っているのはEOS Kiss X7。まだ一応なんとか売られている機種です。
で、今の(とぼしい)レンズ資産を活かすとなると確かにX9iとか9000Dはいいなあとは思います。ただどちらも今の重量からはプラス100gになり、バランスは良くなるのかしらとかD300の悪夢となるのかしらと思ったりと何かにつけて不安が。
*D300はいいカメラでしたがいかんせん重すぎた…自分には。
*D70だってそれなりの重さだったのですが。
しかしほしいのはコンデジだったはずなのに何がどうしてこうなった。
とは言え、コンデジも使うかと言われるとやはりあまり出番は今のところないのが現状です。

引っ越して以来、近くに植物園の類がないよーとがっくりしているのももしかするとあるのかも。横浜住みの頃は大船やら鎌倉やら八景島やらがわりとアクセスしやかったので楽しかったです。
これに関してはまあでも仕方ないか…。

ちなみにそんなこんな言いつつ、結局は腕だ!ということになるので久々にカメラを持ち出して旬を先取りした&まさに今が旬な味覚を撮影してみました。

みかんと桃です。

2017_08_15_09_15_46_3455.jpg

2017_08_15_09_34_41_3492.jpg


使用レンズはEF-S60mm F2.8 マクロ USM。
私は35mm換算90mmになるマクロレンズが好きなようです(タムキューはちょっと使いにくい)。

でもあんまりうまく撮れなかったです。無念。

ところでタムロンの18-400mmも楽しそうだなあ…とか思いつつ、時々眺めるくらいにしようと決意するのでした。

カメラ。

今日もカメラを見にヨドバシアキバへ行ってきましたー。
そうだマップだ新宿だ(by カメラバカにつける薬4巻←同人誌)というとおり、新宿の方がよいのかもしれませんが、フロアが広いのと近いのとあとごはんが食べやすいので秋葉原を選択してしまうのです。
まあまだ見てるだけだし。
*ちなみに今日はカバンが帰りに壊れるなんてことはありませんでした。よかった。

で、本日の主目的は…
・相方のオリンパスOM-D E-M1にて色々レンズを試してみること(マクロとかタムロンとパナの便利ズームとか)
・パナのLUMIX GX7/MK2がはたして本当に重いのかどうか試してみること
・その他諸々

結論としてはまずマクロレンズはオリンパス・パナともに30mm>60mmの使いやすさでした(個人的に)。
でもって便利ズームはタムロン>パナの感じ。これまた個人の感想です。
そしてGX7/MK2(表記これで合ってるか不明ですがまあいいか)は……重かったです。
ちょっとこれは重すぎる~とフラフラとSONYを眺めてたら、こちらはAPS-Cなのかーとふむふむふふむ。
で、触ってみたら…おや?(α6000をまず手に取ってみました) なんだか軽く感じるのです。

こりゃ一体どうしたことだ!と思ったのですが(コンデジではSONYは除外してます。私にとってはなんだか使いにくかったので)、う、ううむ…悪くない。でもタッチパネルがない。ちょっと残念。
でも測距点がたくさんある(ありすぎる)のは嬉しいです。
そう思って後継機種の6300とか6500も見たのですが…ちょいとこちらはお高いです。
あと、レンズの取り外しボタンが他のメーカーとなんか逆?
ついでにα7も見たところではたと我に返りました。

ちょいと待て。
あくまでサブを見に来たのではないか?>自分
コンデジに変わるものを~と見に来たのに何気にメインカメラを変える気ではないのかー!?
(ちなみに今持っているのはEOS Kiss X7(Canon)です。2014年秋に買いましたのでα6000と大体同時期?に発売になったのかな?←よく調べてないけどたぶん)
今のレンズ資産を捨てる気なのかー?!
(今もっているのは、60mmマクロとタムキューとシグマの便利レンズ(18-250mm)。…赤ハチマキとかはないのです。白レンズも持ってないです)

ほ、本当はカバンにぽいと入れて使えるのが理想なんです。と、ここで理想を書き出してみましょうか。
・RAWが撮影できる
・動画はいらない
・チルト液晶があると嬉しい
・手が大きいのであんまり小さいと困る
・かといってでかいのはもっと困る
・軽いと嬉しいが、重心が偏っていると結局重く感じてしまう(これがパナのGX7/MK2の感じたところ。いや実際に重いとは思うのですが)
・仮に一眼レフとしても今のレンズ資産が使えると嬉しいな(マウントコンバーター(マウントアダプターがあるとCanonマウント→SONYマウントへできる?らしい??)
・ボタンまわりもあんまりゴツゴツしてないほうが嬉しいな
・SDカードが使えると使い回しできるので嬉しいな
などなど。

うーん。結局まだまだ悩ましいです。もうちょっと考えよう…。うがー!
(誰か背中をおさないでくださいねー←)

7月の読書まとめ。

1冊しか読まなかった!(゚ロ゚)

*****

7月の読書メーター
読んだ本の数:1
読んだページ数:128
ナイス数:6

めしにしましょう(1) (イブニングKC)めしにしましょう(1) (イブニングKC)感想
kindle版にて。なかなかシュールでしたがしかし美味しそうな一冊でした。ただ、マネはできなさそう…。すらすらと読めたので面白かったです。
読了日:07月31日 著者:小林 銅蟲

読書メーター


*****

旅先で読むために色々kindle(iPad)に突っ込んでいったのですが結局新幹線の中でも読まずじまい…。
どんどん積読本が増えてます。が、今日も本屋さんであれこれと買ってしまってますます倍率ドン(古)。
ど、どれから読もうかな…。ある意味幸せな状態ではあります。

プロフィール

Sarururu

Author:Sarururu
読書感想やゲーム・手芸などについて書きとめています。
趣味:
手芸いろいろ、読書、もの書き(同人)、お茶を飲む、ゲーム(FFTなど)
好きな小説(ラノベ多め):
十二国記、まるマ、マリみて、シュガーアップル・フェアリーテイル、響け!ユーフォニアム、ヴァイオレット・エヴァーガーデンの各シリーズ(他にも)

検索フォーム

カウンター

+207077(過去ブログ分)

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック