「響け!ユーフォニアム2」第3回第4回見ました

第3回は先週、第4回は先ほど見終えたのですが、まとめてどん(第3回の日記を書くのを忘れてたともいう)。

2ではやっぱり原作どおりにさくさくと進んでる印象が。あまりオリジナルエピソードが今まで入ってないのでこれは原作3巻まで余裕でいくんだろうなあと確信いたしました。

で、第3回で印象的だったのは(もはやうろ覚え)…あすか先輩の闇というか黒さというかというポイントと、橋本先生(はしもっちゃん)が語った滝先生昔エピソード。
笑ったのは花火でのトロンボーンのパートリーダーさん(は櫻井さんがCVです)によるモノマネ「なんですか、これ」。…中の人ネタだ!(ばしばし)
最後にあすか先輩のユーフォ曲も聞けてよかったなあ。
原作では少し久美子ちゃんと話す場面もあるんですけどね。カットされてその分印象的なシーンになった気もします。

そして第4回。泣いた~(T_T)
優子ちゃんの言葉とほっぺたひっぱり具合に泣き笑いになりました。ちょっと気になったのは希美ちゃんの瞳が少し?ベタ塗りチックで無表情に見えたこと。みぞれちゃんはすごく描き込まれてたので余計気になったような。
22分があっという間すぎました!


次は関西大会になるということですよね…おお、どきどきだ。
スポンサーサイト

【FFTプレイ記】にゃーん、とは?

ランベリー戦終了後また間があきましたが、一歩も動いてなかったのでイベントを見るのもまだでした。

ということでゼルテニアのオーラン登場イベントです。
あのシーンはオヴェリアさまがドアを開け閉めして退室したふうに装うのに驚いた記憶がありつつ、南天騎士団のナイトの「はぁ?」になんてマヌケな!大丈夫か!とつっこみを入れたりもしたなあ…などと思いながら見ました。
そしてやっぱりディリータのマントはふとんにしか見えないのです。
あと、バルマウフラさんの悲鳴が猫の鳴き声に聞こえた…。きゃーじゃなくてにゃーんと聞こえてしまったのです。き、緊迫感が。
それにしてもオーランの「死んでも断る!」は名セリフだと思います。他の人間には言えまい…。

続いて、ザルバック兄さん。ベオルブ家の墓(バルバネス父さんの墓)でモスフングスを発見する場面ですが、なんとも切ない…。
ラムザがバルバネスに似ているとシド伯は言いましたが、ザルバック兄さんもちょっとまっすぐすぎだけど血は受け継いでると思うのです。あーでも妾の子発言は痛かったなあ…。

と、そんなこんなでとにかく進めや進め。
クレティアン(とメリアドールさん)のイベントバトルではようやく加入し始めた(時間節約のために登場)シド伯がばりーんごりーんとあっという間にやっつけてくれました。
でもってイグーロスでも、だったのですがアドレメラク戦になってからの敵攻撃で「混乱」状態になりまして…。
大変なことになりそうでしたが、アグリアスさんがその間にこつこつと聖剣技を繰り出してくれてたので混乱したシド伯が暴れまわる前に辛勝できました。あぶなかった。

ミュロンドでは、フューネラル教皇の死に際がシビアなんだよなあと思いつつ、百八の数珠を1つしか持ってなかったので三戦目のザルバッグ兄さん戦で吸血くらったらアウトだ!とも思ってたのですが運良くくらわなかったです。連戦の際はセーブを別にしておかねばだよ自分…。

ザルバッグさんの最期の言葉に涙しつつ、前述の教皇の最期でのラムザの素っ気なさ(?)にシビアだなあと思いつつ、これであとはオーボンヌへ行くだけとなりました。
なので、ゼルテニアに行ってイベントを見たりライオネルに行ってイベントバトルに挑んだり、あとは盗賊の砦にも行かねば…!

行ったり来たりであります。

「響け!ユーフォニアム2」第2回見ました

昨日まだ第1回を見てなかった相方と一緒に第1回を見直しまして、今日第2回を見ました。

原作どおりの水着回!ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ
原作どおりのあすか先輩と香織先輩の色違い水着!
やっぱりかっこよかったです。

原作既読組としてはふむふむと読み返しながらあのシーンもこのシーンも出てきて懐かしいとすら思うのですが、原作を知らない相方などに言わせれば「1期と比べてぐさぐさ抉る~」のだそうです。
言われてみれば確かに…。うむ…。

かわいかったというか面白かったのは麗奈ちゃん。目が死んでる…(ばしばし)
そういえばOPにちらっと滝先生の大学時代が出てきますが、そのシーンを見るたびになんだか泣けてくるのでした。

というわけで(?)第3回も楽しみです。
あとでOP曲買おう~。iTunesカード買ってこなければ。

サイトの改装をしています

9月下旬に本屋さんでWebデザインの本を買ってふむふむと読みました(まだ途中までしか読んでないのですが)。個人サイト向けの本ではないのですが、知識として入れておくのもまたたのし、そうこうするうちに手が勝手に(?)テキストエディタを開いておりました…。

ということで今、自サイトの改装をしております。

コンテンツを減らしたり増やしたりスマホやタブレットでも(レスポンシブWebデザインというべきか)読めるようにと調節したり文字コードを変えたりしているうちに見た目がどのコーナーもなんだか同じという感じに…。その方が管理しやすいからいいや~とも思うのですが、もう少し遊んでもよかったかも。

HTMLタグを書いたりスタイルシートと戯れたりするのはいいのですが、昔の自分の文章を読むとばったり倒れてます。今の文章にでもわりと倒れますが、若いってすばらしい…。勢いってコワイ。
*そして未だにレイアウト用で組んだらしいテーブルタグも出てきてまだあったか!とこちらでも叫んだり。

今はベイグラントストーリーのコーナーの改装中です。これが終わったらあとはFFTのコンテンツに取りかかって細かいところを作ってできあがりとなりますが…。
終わるのか?!

と何処かに向けて叫んでみつつどろろん。
願わくばWoFF発売までには…。無理かな(^_^;)

「響け!ユーフォニアム2」第1回見ました

本当は寝てたんです。録画してたんです。
がしかし、何か気になったのか目が覚めた…。ので録画したやつを見ることにしました。

最初の雪のシーン。これはもしや3巻まで時間軸が進むということかー!?
となると、2巻のみならず3巻も読み返さねば。

と思いつつ今回のOP。いい曲だ~♪ 発売になったら買ってしまうでしょう。
あとはPVと大体同じだったのでふむふむと見てたのですが、CMが多い…(^_^;) 1時間SPだから仕方ないかと思いつつ、CMもじいっと見つめてしまいました。「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が気になる…!

他にも色々気になりつつ夜も遅いのでとりあえず寝ます。
エンディングもかわいくて好きです。

ああなんだか感想になってない…。

【FFTプレイ記】アルテマ習得ならず

前回プレイの後、クラウドを仲間にできました。
やっぱザーギドスのFFTエアリスもかわいいなあと思いつつ、バトルではうっかりクラウドが瀕死状態に。慌てて回復させましたがあぶなかった(^_^;)

そして続いてランベリーです。
ここではアルテマが習得できる最後のチャンスということで、何度もセリア&レディに挑んだのですが…何がどうしたのかうまくいかず。
うーむ、ストップ状態でアルテマくらってもダメなのか…??
最終的には諦めました。アルテマ唱える機会なさそうだし←だめだめ
しかしそれは置いてもレベル差がありながらこちらが負けそうになることもたくさん。油断は禁物ですね。そしてランベリーも連戦なので辛かったです。
*楽なのはアルガス戦だけだったかも。

ザルエラ戦ではメリア姉さんがNPCとして参戦してくれるも、殆ど何の助けにもならないという…嗚呼。
最初にラムザとアグリアスさんと汎用キャラがストップ状態くらったので、もうひとりの汎用キャラとベイオさん(殆どベイオさんひとりだったけど)で地道にダメージを与えました。
よかったのは、算術でハイト4アレイズがザルエラ以外に効いたこと。あれでかなり楽になりました。悪かったのは前述のストップになった3人がトードでカエルにもなったこと…。なんてこったい(゚ロ゚)

最終的にはストップ&カエル状態から復活したラムザがジャンプでトドメをさしましたが、美味しいところだけもってったなーと内心思ってみたりも。


さて、次はベルベニア活火山でマテリアブレイドをゲットしたりドーターでイベントバトルしたりかな…。さくさくいきますよ!(今月末までにはクリアせねば!)

9月の読書まとめ。

ぺたらっとな。

******

2016年9月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1065ページ
ナイス数:15ナイス

響け! ユーフォニアムシリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ 後編 (宝島社文庫)響け! ユーフォニアムシリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ 後編 (宝島社文庫)感想
前編がかなり痛いところで終わったので、後編はどうなるかなと思いましたが、それぞれに成長。最後は思わず涙ぐんでしまいました。未来先輩はじめ先輩方かっこいいなあ…。そして志保ちゃんが好きです。良い話を読みました。
読了日:9月23日 著者:武田綾乃
卯ノ花さんちのおいしい食卓 お弁当はみんなでいっしょに (集英社オレンジ文庫)卯ノ花さんちのおいしい食卓 お弁当はみんなでいっしょに (集英社オレンジ文庫)感想
マロングラッセが特に美味しそう…!と思いつつ、途中で間をあけてしまったので読み返し。一文字だけですが誤字というか変換ミス?があったのが残念でした。
読了日:9月13日 著者:瀬王みかる
黄昏の岸 暁の天 十二国記 (新潮文庫)黄昏の岸 暁の天 十二国記 (新潮文庫)感想
何度も読んでますが久々に読みたくなって再読。ここで終わってしまうわけではないと信じたいです。続き…期待してます。
読了日:9月3日 著者:小野不由美

読書メーター


*****

もっと読んだかな?と思ったのですが、三冊だけでした。少ない!
読みかけのとか、技術書とかが他にもあるのですがそれにしてももっと読んでいるものだと思ってました(^_^;)

プロフィール

Sarururu

Author:Sarururu
読書感想やゲーム・手芸などについて書きとめています。
趣味:
手芸いろいろ、読書、もの書き(同人)、お茶を飲む、ゲーム(FFTなど)
好きな小説(ラノベ多め):
十二国記、まるマ、マリみて、シュガーアップル・フェアリーテイル、響け!ユーフォニアム、ヴァイオレット・エヴァーガーデンの各シリーズ(他にも)

検索フォーム

カウンター

+207077(過去ブログ分)

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック