「オークブリッジ邸の笑わない貴婦人: 新人メイドと秘密の写真」を読み終えましたー。

新潮文庫nexさんから出ているこの小説「オークブリッジ邸の笑わない貴婦人: 新人メイドと秘密の写真」、本屋さんで見かけて「面白そうだけど今積ん読本がすごいからなあ」と何度かスルーしたんですが、やっぱり買ってしまったのが一ヶ月くらい前。
他の本もあるのにいつの間にか先に読んでいました(^_^;)

元々ヴィクトリア朝の話が好きなのも(「エマ」を筆頭として(とか言いつつ「シャーリー」の方が好きだったり)、同人誌などでも色々資料本を集めました)ありまして+舞台が北海道ということもありましてなかなか楽しく読みました。
ただ、話の起承転結が少し唐突なところもあって面食らったりもしましたが…。

でも面白かった。
続きができれば読みたいです。夏で終わっちゃってるものなあ。
オークブリッジ家(楢橋家)の家族のどろどろみたいなのもあわせて最後まで書いてほしいなあと思ったのでした。
そして粉ふきいもが食べたくなった。うまく作るにはどうしたらいいんでしょう、アイリーン…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Sarururu

Author:Sarururu
最近は手芸(バッグ、がま口小物、自分用の服作りなど)の話がメインです。時々読書感想やゲームなどについても。
趣味:
手芸いろいろ、読書、もの書き(同人)、お茶を飲む、ゲーム(FFTなど)、F1情報収集
好きな小説(ラノベ多め):
十二国記、まるマ、マリみて、シュガーアップル・フェアリーテイル、響け!ユーフォニアム、ヴァイオレット・エヴァーガーデンの各シリーズ(他にも)

検索フォーム

カウンター

+207077(過去ブログ分)

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック