ロックミシンがほしい…かも????

しれない。
とどこかで書いたような書かなかったようななのですが、ユザワヤさんで広告に出てるんです…今。ロックミシンが。
しかも性能がよろしいと言われている「衣縫人」と「糸取物語」が!

ロックミシンとは何かと申しますと…私も「端始末くらい?」の認識しかないのですが←だめだめ、Wikipediaによると

****
裁ち目かがり(布の裁断面を、ほつれないよう包み込むように縫う)専用のミシン。ロックとは布の端をロックする(閉じる)の意味。通常のミシンのような直線縫いはできず、布の端のみを縫うことができる。仕様によって糸を2本、3本、4本、5本使うものがある。小型ロックミシンは職業用的に使われていたが、洋裁をする人を中心に普及しつつある。最近は、「カット アンド ソー」といって、ニット地の縫い合わせにも使われる。
****

だそうです。
今まで服を(といっても昔々にワンピース作ってみたり最近マキシパンツを作ってみたりしたくらいですが)作る際には手持ちの家庭用ミシンのジグザグ縫いで端を始末してたのです。
が、やはりあると便利かなあ…とミシンを使い出すと思う次第。
特に服を作ろうと思っている今(型紙と布は買った)、ジグザグ縫いはもういやー!と思っている次第。

で、行ってきました浦和店に(もしかするとミシンの店頭講習をやってるかもと思って)。
そうしたら先生がちょうどいらっしゃって(!)、他の方の指導&購入案内をした後にあれこれ教えてくださいました。

衣縫人で試してみたのですが(ダイヤルを4にしておけば大体は大丈夫よーとのことで)まず糸を通す…おお、4つも糸がある!(2本針4本糸)こんがらかる!(゚ロ゚)と思いつつ、しゅぱーっとルーパー糸が通っていくのは爽快でありました。
上糸というか、左から2つの糸通しは「お、およ?」とその場では理解しにくかったのですが、慣れればきっとなんとかなるだろうと…。

そして縫ってみる。ダダダダダダ。楽しい!コワイけど楽しい!

ううううう、ほしい。ほしいなあ…とじっと手元を見てみるのでありました。
広告期間にまだ余裕があるのでじっくり考えよう…買うとなれば机がもうひとつ必要になる?かもしれないし…うむ。

これを買ったらカメラのレンズは買えないな! はっは!!(でも手持ちのレンズでまあいいかなと思った直近です)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Sarururu

Author:Sarururu
読書感想やゲーム・手芸などについて書きとめています。
趣味:
手芸いろいろ、読書、もの書き(同人)、お茶を飲む、ゲーム(FFTなど)
好きな小説(ラノベ多め):
十二国記、まるマ、マリみて、シュガーアップル・フェアリーテイル、響け!ユーフォニアム、ヴァイオレット・エヴァーガーデンの各シリーズ(他にも)

検索フォーム

カウンター

+207077(過去ブログ分)

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック