彩雲国物語『紫闇の玉座(上)』をようやく読みました

感想。
感想…出てこないー!

これで終わりじゃなくてあと3日後には最終巻が到着するのでそれを読んでからー!

という気分です。
いやあいろんな人が出てきましたが、これは読み返さなきゃダメですね。
誰が誰だか一部地域の人しかわからないヽ( ̄▽ ̄)ノ
晏樹様が怖かった…朔洵だとずっと思ってた。
#しかしGoogle変換はどっちもでてきますな、名前。

しかも出てきてない人もたくさんいますし。
筆頭は王様だけど(苦笑)。

見返しの筆者紹介のところの文章にもはっとさせられましたし、本編の中の地震の描写も怖かったです。

でもこの先はどうなるんだろうなあ…秀麗ちゃんもっと生きたいよねえ…。
嗚呼。
そうそう、燕青がかっこよかったです。さすが。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Sarururu

Author:Sarururu
最近は手芸(バッグ、がま口小物、自分用の服作りなど)の話がメインです。時々読書感想やゲームなどについても。
趣味:
手芸いろいろ、読書、もの書き(同人)、お茶を飲む、ゲーム(FFTなど)、F1情報収集
好きな小説(ラノベ多め):
十二国記、まるマ、マリみて、シュガーアップル・フェアリーテイル、響け!ユーフォニアム、ヴァイオレット・エヴァーガーデンの各シリーズ(他にも)

検索フォーム

カウンター

+207077(過去ブログ分)

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック