「とある飛空士への恋歌」を読み終えたよ

全5巻読み終えましたー。一週間ほど前に。
いや、その後怒涛のごとく“文学少女”の画集とか“葵”とか、さらには彩雲国物語とか…色々あったので(しかも画集しかまだ読んでない)感想を書き忘れていたのでありますよ。

前置きはさておき。

空戦は面白かったというか、ノリノリで書いてるなあというのがよく分かる作者さんなのですが、裏の政治的事情が滑ってるようなきがしました。
カルエルが元の出自を明らかにしてニナ・ヴィエントを取り戻すーと言った時もなんだかふーんで終わっちゃった自分がいたので、うーんうーんと唸っております。
面白いは面白いんですがもうちょっと長めか、いっそ追憶のときのようにすっぱりと切るかした方がよかったんじゃないかなあ…。
あ、でもお父さんと一緒に空を飛ぶシーンや、チハルちゃんの最後の描写などは好きでした。

なんかゼノギアスのDisc2を見ているような置いてけぼり感でしたかねえ…。
そんなわけで評価は3です。

アリエルが勿体無かったというのもあるかな?アリーメン作ってるだけのイメージに(しくしく)。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Sarururu

Author:Sarururu
最近は手芸(バッグ、がま口小物、自分用の服作りなど)の話がメインです。時々読書感想やゲームなどについても。
趣味:
手芸いろいろ、読書、もの書き(同人)、お茶を飲む、ゲーム(FFTなど)、F1情報収集
好きな小説(ラノベ多め):
十二国記、まるマ、マリみて、シュガーアップル・フェアリーテイル、響け!ユーフォニアム、ヴァイオレット・エヴァーガーデンの各シリーズ(他にも)

検索フォーム

カウンター

+207077(過去ブログ分)

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック