嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 2と3

こちらも早速読みました。
続編じゃないほうが面白いよなあとおもってたのですが、さてはて。


うーん、予感的中。
これの続編を書いても「壊れたふたりのだらだらばかっぷるでカタルシスはどこにもない」状態が延々と続くのかと思うとうんざりです。
3巻まで読んだのですが、あまりにも犯罪の発生が容易かつ稚拙なのでこれ以上読むことはないでしょう。
やっぱ年長組が引っ込んでしまったからか?

もっとまーちゃんが「不幸ななかでもそれなりの幸せ」が出ているところを見せてほしいなあ、と。
偽みーさんもまーちゃんに対して真剣じゃないし、そもそも人生について誰もが冷めている。自分以外の他者を見下している。
そんな冷え切った小説がだらだら続いていっても面白さは半減半減また半減という具合になるんじゃないかなと思います。

やっぱり1巻だけが面白い作品でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Sarururu

Author:Sarururu
最近は手芸(バッグ、がま口小物、自分用の服作りなど)の話がメインです。時々読書感想やゲームなどについても。
趣味:
手芸いろいろ、読書、もの書き(同人)、お茶を飲む、ゲーム(FFTなど)、F1情報収集
好きな小説(ラノベ多め):
十二国記、まるマ、マリみて、シュガーアップル・フェアリーテイル、響け!ユーフォニアム、ヴァイオレット・エヴァーガーデンの各シリーズ(他にも)

検索フォーム

カウンター

+207077(過去ブログ分)

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック