フランス&イギリス旅行記(15) 朝市編

 そんなこんなのボルドーは一夜明け、朝です。曇りです。
 今日(5月19日)の予定は、パリを経由してランスへ行くこと。ランスの大聖堂、何故行きたくなったか分からない…いや、思い出しました。ワインもいいけどシャンパンもいいよね!と私じゃなくて相方が言ったからだ。
 そうだそうだ。
 思い出しました。


 ということでまずは朝のボルドー。結構疲れはピークですが動かないことには始まらないので(しかもLRTのチケット全然活用してないし(がく))、朝ごはんの時間を削って街にくりだしてみることに。
 寒い~とコンカンス広場のカフェでミルクティーを飲み、ぼーっとした頭のまま駅行きのトラムに乗ります。いやいや、ぼーっとしてたのは私だけで相方はいつもののりでした@冷静。
 
 向かったのは、ボルドーでもやはり大きめの教会、サン・ミシェル教会です。凄く立派な建物だったので昨日目をつけていたのですが、実際に目を奪われた(心までも(笑))のは、教会前の市場でした。朝市なのかフリマなのかよく分からないんですが、ええ、その瞬間に「きゃほー!」とか言いつつすっ飛んでいったのは私です。
 ははは。写真をぐるりと一通り撮るはずだったのですが(目が泳ぐ)
 ははは。単独行動はよくないよねと自分で言ったはずなのですが(目が泳ぐ)。
 相方も市場を回ったそうで、教会自体は工事中のとこもあり、残念ながら拝観することは満足には行きませんでした。
 
 で、その市場。
 布屋さんあり。
 ガラクタ屋さんあり。
 ワイン屋さんあり。
 八百屋さんお肉屋さん魚屋さん…いわゆるマルシェです!
 
 中でも「安いよー安いよー色々あるよー」と叫んでいた布屋のお兄さんのとこに行ってみると、もうアラビア系の布から普通の布まで色々選り取りみどりしかも安い!!
 フランスで安いなーと思った雑貨はこれが一番でした。
 あんまり安いので1ユーロ/mなのを見つけ、「これホントに1ユーロですか?」「そうだよ~」という会話の後に、2種類ゲット。当時カルトナージュにはまっていたのでそんなにたくさんはいらないなーと思っていたのですが、その後洋裁に目覚めてしまった今となっては「惜しいことをした…!」のかもしれません(苦笑)。
 後は他にもぶらーとダッシュで(まるでイベント中のように)眺め、八百屋さんでイチゴを試食させていただいたり。ビタミンは重要だ!と思って(安かったし、おばさん親切だったし)1パック買いました。いや、2パックだったっけ? フランスのとれたてイチゴは予想していたよりずーっと大きくて、味も大ぶり。もしかするとフランスでもイチゴのシーズンは終わりの頃だったのかもしれません。
 #余談ですが私は祖母のかわりに臨時でイチゴ詰め&摘みを1シーズン手がけたことがあります。祖母が入院して、周囲の親戚が動こうとしなかったから私が半ば父を説得する形で「ならば私が摘む! そしてチマチマイチゴは私のものに…!」摘んで詰めて市場に卸しました(父は八百屋さんなのですが卸しもやるというか自分がとってきたもの(たけのことか)を売りつけることもあるのですね)。学会の直前でなかなか大変な時期でしたが…ああ確かあれはオンリーやらバイトやらでも大変だったそんな時期…(笑)。

 閑話休題。
 
 さて市場も堪能し、本当に短い時間ではありましたがこれでボルドーともお別れ。
 心残りありまくりです。特に相方氏は「対岸に渡りたかったなあ」とちょっとしょんぼり。私はというと…ボルドーの工事が終了したら改めて来たいな、と思います。ええもちろんその頃には飲めるようになっていたいものです!
 
 ボルドー・サン・ジャン駅にトラムで到着し、ふと切符を見ると私達が乗る車両は駅の屋根のかかっていない思いっきり端っこでした(゚ロ゚)
 は、走れー!!!!
 
 TGVは車両が長い……。
 そして慣れない車両に乗るのはいつの世もどんな場所でもきっと同じくらい大変なのです。
 
 ぜはーとしつつそれでものんびりなフランスの鉄道ですから、無事荷物も収めることもできて座席に座りました。
 私達が乗ったのは、ひとつの車両の一番後ろ。やあやあ着いたねよかったね、と動き出す車両の中、過ぎていくボルドー風景、そして川をわたればやっぱりそこはシムシティの「I」(工業)地帯…。とそこでふと気になる音が…言ってみれば騒音が聞こえてきました。
「○×△◇♪#♭◎△◇♪#♭◎!」
「$%&#<>?」
「@&%$%#$&!!」

 以下延々。
 何だろう?と覗いてみると、10人くらいのアジア系…中国人だと思われますが、その方々がハイテンションで語らってるところでした。
 団体さんだと声が大きくなるのは分かるのですが、やっぱりちょっと騒音度合いはすばらしく(褒めてませぬ)、ガサガサと紙袋やらビニール袋をひっくりかえしお食事タイム…。
 うーん、行儀悪いなあと思っていると、この神経質な私よりもっと気になったのか、地元の方と思われる斜め前方のおばさまが身を乗り出して様子を眺めています。その背には「ちょっと静かになんないもんかしら!」としっかりはっきり書かれているのは我々は見た…。同感。
 で、彼女は我々の視線に気付いたのかふと振り向きました。前方の団体様と同じく、私達も今まさにごはんを食べるところ。イチゴと昨日のケーキとさっき買ったサンドを食べるところだったのですが、思わず顔を見合わせ肩をすくめてみせてしまいました(苦笑)。そしたらおばさまも同じようなしぐさで苦笑い。「困ったものね」と視線をおばさまは前方に戻しました。
 
 公共の場での行儀は、国民性・民族性によるところもあると思いますが、こういった場合は個々人の資質によるところが大きいと思います(といっても中国のお正月大移動はちょっと凄すぎですが)。だから「これだから中国の人は」とは思いたくはないなと今は思います。日本人もほんの20年くらいまでは方々で迷惑かけてたのに違いないのですし、今でも困ったちゃんはどこの国にもいるのだし。
 
 はて固い話になってしまいましたが、私が乗った車両はそんな派手なメンバーと、他には同じく斜め前方で真剣な表情でアニメ雑誌を読み耽っている青年がひとり(よろり)。
 
 そして。
 
 ごはんを食べ終えてさーてケーキだーというときに、ふと隣を見ると。
 
 私達の座席の通路を挟んで真隣には、超興味津々で携帯電話のカメラを構えてこちらを見ている2人のお嬢さんがいらっしゃいました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Sarururu

Author:Sarururu
最近は手芸(バッグ、がま口小物、自分用の服作りなど)の話がメインです。時々読書感想やゲームなどについても。
趣味:
手芸いろいろ、読書、もの書き(同人)、お茶を飲む、ゲーム(FFTなど)、F1情報収集
好きな小説(ラノベ多め):
十二国記、まるマ、マリみて、シュガーアップル・フェアリーテイル、響け!ユーフォニアム、ヴァイオレット・エヴァーガーデンの各シリーズ(他にも)

検索フォーム

カウンター

+207077(過去ブログ分)

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック