ザルエラの話

FF12アルティマニアに載っていた「ザルエラ」秘話。
ベイグラントストーリーファンの私は「(゚ロ゚)」としてしまいました。

ということで以下はFF12、ベイグラント双方のネタバレであります。



「実はサマンサとギルデンスターンなんですよ」って!!!

うわ、なんか黒そう!と思ったおじさんとそれに姫だっこされたライダー(Fate)っぽい女性(あるいはミァン(ゼノギアス))だったので「わーなんだかアダルトだー」と思っていたのですがそう来たか…!と歯軋り?をしたのはアルティマニア購入直後。

先日、そうそうザルエラ呼び出さなくちゃと呼び出してじっくり観察してみたんですが…

あれがあのサマンサだとすると、もうなんというか困っちゃうぞーというわたわた走り出すのは、ベイグラントにおけるキスシーンを見ちゃっているからか、それともやっぱり年の差カップルの微妙な関係を目の当たりにしたせいか…。

怖かったなあと呟いて召喚もどれとパンネロは溜息をついたのでありました。

どんとはれ。
スポンサーサイト

FF12はこれでしょう

FF12のプレイ日記に書くとかコラムに書くとかすればいいのですが、下書きよろしくこちらに書いてみる(笑)。
以下ネタバレです。ご注意ください。




FF12をつらつらと思い出してアーシェとバルフレアのやりとりを思い出し、そういえば国と国の争いなのにあんまりそっちがクローズアップされなかったなあと思い出してみて…。

ローマの休日が入ってるんじゃと思ってみた次第です。

きっかけはエンディングのアーシェのすっきり&少し寂しげな笑顔。
それがオードリーの…じゃなかったアン王女の記者会見の笑顔にだぶって「あああああ」とひとりでじたばたした次第です(笑)。

勿論考えすぎだと思うのですが、アーシェは王女様ではあったけど、途中というか最後にはそれに振り回されなくなったため、そんなことを考えたのかもしれません。
となるとバルフレアは新聞記者になるんでしょうか。
FF12がローマの休日だというわけではなく、アーシェとバルフレアのやりとり(最後の)がちょっとローマの休日チックでなんとなくいいなあと思ったとかなんというか…。

夢見ておりますが、どどどどどうでしょう。

カフェ&喫茶店 茶語の巻

横浜を中心としたカフェのお話、今回は「茶語」です。


「茶語」については以前CHAPOTにも書きましたが、改めて。

そごう横浜店4Fに入っている「茶語」は、アラン・チャンのプロデュースした中国茶の専門店(日本緑茶センター)。新宿タカシマヤにもティールームがありますが、店の大きさからいえば横浜そごうの方がずっと大きいです。大きいので回転がゆっくりでも(つまり長居していても)そんなに待たされることもないのがよいです。
店の大きさ(席数)と4F婦人服売り場という立地条件、そして残念ながら既に下火になってしまった中国茶ブームということもあって、この茶語に流れる雰囲気は、以前に比べてゆったりとなりました。おかげでのんびりお茶を楽しむことができるようになったのは、利用側からいえば嬉しいことです。

お茶の種類は常時数十種類。青茶、緑茶がメインですがまんべんなく(青緑白黒黄紅)種類をそろえています。
茶盤で供されるお茶と一緒にお湯入りジャーをつけてもらえるので、お茶が出がらしになりきるまで何杯でも飲むことができます。ぐびぐび。なお、1杯目から自分でも淹れることもできますが、お店の人にやってもらうのが面倒でなくてよいです。何度もお願いしているうちにスタッフの方の淹れ方に結構違いがあって面白かったりも(?)
干し果物やナッツなどのお茶菓子つきで、750円くらい~2000円くらいです。

1151540167.jpg1151540179.jpg


また、ランチセットのように「食事+マグティー」だと1000円くらいでお茶も楽しめるので、お茶もついでに楽しみたいという人にはいいかもしれません。
おすすめは、ワンタンメンかプーアル丼(これは1500円くらいでしたか)で、いずれも薄味です。そのほかにお茶エキスの入ったカレーやサンドイッチなど。
スイーツも充実していますが、個人的に大好きだったローズヒップゼリーが様変わりしてしまってイマイチになってしまったことと、オリエンタルパフェ(写真の右ですね)がメニューから消えたのがかなり痛いところです。

喫茶に併設して茶葉や茶器の販売も行っており、それだけ眺めるのも楽しいと思います。茶葉の値段は大体ルピシアより若干高いくらいですが、量り売りもしてくれるので試し買いしてみるのもよいかもしれません。
茶器はなかなかセンスがいいのが揃っています。バーゲンセールの時期(夏市・冬市)のあたりにはいきなり茶器のバーゲンをやっていることもあります。

ちなみに、茶語はポイントカードあり。1回で使う金額もかなり高いのでポイントもごろんごろんとつきます(笑)。500円で1ポイントですが、10ポイントで500円分使うことができます(前は500円で1ポイントで、雨の日と月曜日が3倍というとんでもないポイントカウントでした(笑:つまり1000円使うとポイントが6つつく)。さらにその前は1000円で1ポイント)。有効期限は最後に使ってから1年です。

のんびりまったり、本を読んだりぼーっとしたりおしゃべりしたり手紙を書いたり。
デパートの中でくつろぐのもまたよいものです。

Families~家庭の構造~

Winampでぐるぐる聞いていたらかかった曲。
なんだかしんみりしてしまったので書いてみたいと思います。


桐島かれんさんの歌です。
私的には「ふしぎの海のナディア」のイメージソングとして認識しているのですが、元々ナディアのイメージソングというわけではなくて、ナディアのスタッフがこの曲を選んだのじゃないかな、と思っております。

90年夏~秋くらいにかかっていたでしょうか。

おりしも時はベルリン崩壊から冷戦の終結、さらには湾岸戦争と、それまで抑えられてきたものが一気に爆発したように世界情勢が動いていたときでした。

シリアスの中に未来があり、未来の前に現実があるといった具合に…。
覚えているのは、ルーマニアのチャウシェスク大統領が処刑された、というニュースと、プラハの「秋」、バルト三国の独立運動、マルタ会談、ベルリンの壁が崩壊し、湾岸戦争が起き、ゴルバチョフ大統領の失脚…そして思い出すときにふと頭によぎるのがこの「Families」だったりもします。
#より正確にいえば、「Save Our Ship」も? 日本人初の宇宙飛行は色々勉強になりました。アメリカではなく「ソ連」だったので。

しっとりと淡々と歌う声が寂しくて、なんだか最初は「暗いなあ」と思っていました。
でも、この切なさにも似た寂寥にも似た…なんでしょうね、無常感かな。世界と自分との関係、親と子の関係を大人になったときに見てみると多分吹き抜けていく風がある。その風がもっとも激しい時代を歌ったような感じで…ああああうまく伝えられなくてすいません(汗)。

今思うのは、この歌をそのまま06年の時代に歌うなら一体どんな歌詞がつけられるのだろうかということ。
興味があるような、怖いような気がします。

曲の中には「アメリカ」が出てきます。アメリカの言うことについて、この歌はイエスもノーも言っていません。
それはそのまま聞き手側の心に委ねられていたのだと今はそう思う次第です。

参考URLはこちら

続きを読む

ベイグラントストーリーアルティマニア

2000年4月13日に発売されたベイグラントストーリーアルティマニアですが、デジキューブの倒産に伴って、絶版状態になっていました。

が、このたび復刊になります。
サントラに続いて復刊! おめでとうございます! ありがとうございます!

復刊コム


気になる中身ですが、復刊ですから殆ど変わらないはず…なのですが、アイアンメイデンがすべて乗ってたら嬉しいかもしれません。
あと、スタッフのインタビューはそのままかな?

構成としては、初版本は以下のとおりでした。

1)ベニー松山氏によるストーリーパート
2)松野氏やプログラムチーム、グラフィックチーム、サウンドチーム、プランニングスタッフの方々のインタビュー(松野氏ご紹介つき)
3)背景(バックグラウンド)・キャラ紹介
4)戦闘方法紹介
5)アイテム紹介
6)モンスター紹介
7)マップ紹介(マップ名に英名つき)
8)その他やりこみ紹介

といったような感じになっている496ページであります。7月下旬発売です。
FF12は2冊組でやっぱ凄いと思ったものですが、けしてプレイ時間は長くないこの作品で496ページとは…データ多すぎです!(笑)

でもさらに設定資料とか新しくつけてくれたらいいのになーなんて思っていますが、いかがなものか!
取材風景とか(サンテミリオンとか)、メレンカンプさんの資料とか(一部はありますが)、FF12風味メレンカンプさんなんてあったら小躍り三昧だろうなあと妄想を働かせるのでありました(笑)

カフェ&喫茶店 BECK'Sの巻

横浜にはいくつか繁華街といおうか何といおうか、「ショッピングのコロニー」みたいなものがあります。その中でも一番大きいと思われるのはやはり横浜駅でしょうか。

そして人が多ければやはり混んでいる!のは当たり前で、のんびりどこかでお茶をするというのは横浜駅での難問に近いものがあります。

が、あるところにはあるということで今日はそんなお話。


横浜駅近辺の穴場的ともいうべきカフェやさんは、北口のBECK'S COFFEEではないでしょうか。
中央南口はやはり中央に通じるということもあって、混んでいますし、ドトールの混みっぷりといったら殺人的、シァルのスタバは高校生が御用達にしていて使いにくいし(できたときは「おおお」と思ったものですが、あの構造は使いにくい…)、モアーズのスタバ、相鉄口のスタバも以下同文。
東口はもう少し状況は穏やかですが、横浜駅内もしくは直近ということでいえば北口BECK'Sを推したいと思います。

やはりエキナカは強いです。そしてエキナカである分だけ回転率も早いため、混んでいるけど大丈夫という感じではないでしょうか。
あと、見かけに比して結構座れるのも大きいかも。カウンター席が多いので、二人ぐらいで立ち寄るには十分といえます。

1151367142.jpg


ちなみに、↑はカムカムサンド。エビ入りサンドで美味しかったです。できたてでした。
ジャスミンティーなどはポットとカップが選べますし、結構お得だったりも。

余談。
北口は再開発で物凄く綺麗になったのですが、広々とした空間がちょっと勿体無いなと思うこともある…かもしれないといった具合ですが、でも広いくらいがちょうどいいのかもというのは、中央通路からこちらがわに来た時(笑)。
遠足の小学生とかは北口でよく集合していますが、それも頷ける次第なのでした。
あーでも、プロントかベッカーズが来たら個人的には凄く嬉しい(笑)。あとNEW DAYSもいいなあ。

携帯電話のメモリカード

が、突然こけました(汗)。

ということでメモリカード(SDカード)に入れていたデータはすべてオシャカ…。

写真については5月分まで退避完了していたのが不幸中の幸いでしたが、メモリダイヤルとかきえてしまうのは痛いので慌てて新しいSDカードを買ってきました。

で、セット。
まずはフォーマットと思ってみたら…認識しないヽ(゚ロ゚)丿

なんでー! これは今頃買い替えなのか!? まさか今頃なのか!?
私はこのキャリアこのまま使うなんて決めてないんですけど! ※vodafone使ってます
と思いつつ色々調べたら、「電源落としてSDカード入れなおして電源入れてフォーマットしてみる」という方法があって早速実行。

無事カードがフォーマットできました!
やれやれ…。

しかしキャリアどうしましょうね。
電子ブックがついている機種で、細かいフォントが読める機種ならいいのですが。
シンプルモダンなかんじで、ゴテゴテしてなくて、シャープだけどテレビは見られなくてよいのです。
うーーむ。
また2年経っていいかんじでポイントたまってるはずなのでこのままボーダでもいいんですが、Softbankのロゴがなあ…。
とはいえ、ボーダのマルは白鶴のマルにしか見えなかったのでありますが(笑)

夏の短夜の FFTキャラ語り

FFTシリーズのファンイベントがテンパク並みの規模で始まりましたが、まだ何も参加できずしょんぼり気味です。
時間がほしいー!
と叫んでみても時間は増えない…空いた時間を縫ってPS2を起動させるのも気分転換にはいいのですが、中に入れるソフトをPS2じゃなくてPSにしてもいいのかも?しれません。

でもやっぱりポータプルなFFTが出たら嬉しいなあ…と思うのですが、いかがでしょうか?

ということでちょっとFFTについて考えてみる。といっても単なる登場人物語りです(笑)。オーランからいってみましょう。
この時期といえば自分的にはオーランです。オーランがEDで爆弾発言してくれなかったら(いや実際の発言者はアラズラムさんですが!)こんなにFFTにはまりこんではいなかったに違いない…!

では語ってみます。





オーラン・デュライ。
あの黄色が目にまぶしい変な髪形。沈着冷静って本当?と思わせるような発言と、一番すれてないように見えて実は腹の底が黒いんじゃあと思わせて義父上ラブな南天騎士団の軍師さんです。

最初は雪の中何をやってるんだとか、「君はひとりじゃない!」ってなんで二回目なあなたにそんな自信たっぷりなラブコールをもらうはめになるんだとか(すすすすいません)思ってたんですが、ディリータの裏切りイベントで何かがバチンと弾け、その後EDでバチバチバチンと弾け、以下略(こら)となりました。

オーランは不思議な人です。何を目指していたのか分かりませんが、現実主義で理想主義で、白でもあり黒でもある…時々ラムザよりもまっすぐなこと言ってくれるけども、でも彼は大人だなあと少ない出番からそう考えていました。

彼の誕生日が7月ということもあって、ディリータの誕生日と同様、やはり彼の誕生日がくると何かそわそわとしてしまいます(笑)。勿論好きだからだと思うんですが、前述のとおりデュライ白書があって、「死んでも断る!」があって…だからこそ好きなんだろうなあと思う次第です。

ベイオウーフもそうなんですが、オーランも自分にとっては「お兄さん」キャラなんですよね。ディリータとかラムザとかアグリアスとか…目の前のことで手一杯な面々に比べると、その少し先の未来を歩いている存在というのはプレイ当時やっぱりちょっと嬉しかったです。伯は参加できるようになるのが遅かったし(T_T)

9年経ってもしかしやっぱり「白書…なんで公開したんだろうなあ」と思います。自分なりの答をひねりだしても、他の方々のお話を読んでも、思います。
でもオーランはきっとこのまま何も語らず、事実のみがこれからも残り続けるんだろうなあと…。それを思うと、やっぱり悔しかったりもするのですが…未来が5年先で途絶えてしまうというのは凄く切なくて重くていたたまれなかったなあと当時を思い出してしみじみ。
彼が何故白書を書いたのかということについては、今でも時々酒の肴になるのですが(苦笑)、話し込んでいる最中に火刑だとか公会議だとかいう単語が飛び交うので、話題としてはあんまり居酒屋向きではないような気がします。

あとそうそう、占星術士なのでもうオーランとくれば星です! 星スキーとしては嬉しくて、しかも7月は季節もよいので星を見上げるのも楽しい…なので夜になると、ふとオーランの季節だなあと思ったりもする次第。
去年はそんな感じでお話を1本書いたのですが、今年は…どんな話がいいのでしょうやら。まだ思いついてません。

さらに妄想を深めるならば、アラズラムさんがデュライ姓なので子孫が!ということでもわあわあ盛り上がりをみせたこともありました(笑)。
1:アラズラムさんはデュライ姓を持っているだけなので、関係ない
2:アラズラムさんはデュライ姓を持っているが、傍系なのでオーランの子孫ではない
3:アラズラムさんはデュライ姓を持っていて、オーランの子孫である

3番だった場合、家計図は切実に見たいです。あの後デュライ家はイヴァリースに留まったのかいないのか、そもそもオーランのお相手って誰なのか(そこ重要)。
やっぱりラムザを見送った時に一緒にいたバルマウフラかなあと願望もこめて思うのですが、元々結婚していたという説のほうが説得力もありそうですが…なんとなく結婚して子供がいたようには作中のオーランは見えないのがネックです(こら)
オヴェリアさまもいいよなあと思ったんですが、オヴェリアさまへはあくまでも敬意かなあと思う次第でして…うーむ。

しかしこれってまともなキャラ語りじゃないよなと頭を抱えつつ、ひとまずアップしてみるに至るのでした。
次はもうちょっと真面目に書きましょう(汗)

今年のアジサイ

今日は昼間はごろごろしていたのですが、やっぱりアジサイ終わる前にいっとかないと!ということで写真を撮りに八景島まで行ってきました。

横浜駅からJR京浜東北線(根岸線)で新杉田駅→パスネットが使えないことを今更知ったシーサイドラインで八景島駅、です。結構高いところを通るので、シーサイドサインはおっかなびっくりです。それはさておき。

八景島シーパラダイスの前の広場は、夏は2万株のアジサイが咲き誇る名所です。去年行ってなかなかよかったので今年も行ってみることにしました。

1151269061.jpg


アジサイ、アジサイ、ガクアジサイです。雨が降ってたのがよかったのか悪かったのか、でも活きのいいヤツが撮れましたヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ

そして大きなカメラをひとりで持っているとよく言われるのが「すいません、シャッター押してください」です。
今日も言われて押させていただきましたが、北海道でたくさんスナップ写真を撮った成果は生かされているのか! …生かされてるといいなあとしみじみ思います。

さて、撮ってきた写真は先日やっとこさ購入したNikon Capture 4でおいしく加工したいと思います。ふふふ。

パンづくり(今までの総集編と今後の決意?)

先日、木曜日の夜でしたか、くたくたへろへろで帰ってきたのに何故か真夜中にパンを作り出したわたくし。
こんなのができました。横20cmくらい高さ10cmくらい幅15cmくらいのパンです。むちむちです。

1151268847.jpg


パンづくりにはまっております。
何でいきなりはまったっけかなーと思い出してみるのですが、前からやりたかったよなーというくらいしか思い当たるふしもなく、電子レンジのレシピを見ながらバターロールを4回作り、フランスパンをつくり、先日はシンプルパンを焼きました。
こねる作業が結構ストレス解消です。このこのこの、と思いながらこねるのも一興。
勝敗はこんなかんじです。




1回目:バターロール:まあまあうまくいった
2回目:バターロール:まあまあうまくいったが何か味が足りない。巨大
3回目:バターロール:ハンバーグ焼きながら作って目を回した。やっぱり一味足りない。
4回目:バターロール:ようやくハケを買って綺麗にタマゴを塗った。一味…。
5回目:フランスパン:市販のフランスパンのようにふわもちぱりっといかず、なんか細長いチャパタになった(汗)。みっちり感はなんか違う…。あと、塩の分量間違えました(ばた)
6回目:シンプルパン:少しリッチに作ってみようとレシピを無視して若干バターを増やしたら巨大なバターロールになったトサ~。美味しいは美味しかったです。ただやっぱりみっちり気味。

なんかもう一味足りないのはどこに原因があるのか調査中です。
でも今ハカリがないのが最大の問題かもしれない…すべてはマーロウのビーカーでこなしておりますから! あ、マーロウのプリンが食べたい…。

デジタルスケールをしかし近々買う予定です。お目当てはAfternoon Teaのスケール♪ かわいい感じですがあんまり甘くないのでいいかなあと思っています。
昔はホームベーカリーがほしいな~と思ってましたが、人力でもなんとかなることが分かったのでしばらくは人力でやっていく所存(所存?)なのでした。

プロフィール

Sarururu

Author:Sarururu
最近は手芸(バッグ、がま口小物、自分用の服作りなど)の話がメインです。時々読書感想やゲームなどについても。
趣味:
手芸いろいろ、読書、もの書き(同人)、お茶を飲む、ゲーム(FFTなど)、F1情報収集
好きな小説(ラノベ多め):
十二国記、まるマ、マリみて、シュガーアップル・フェアリーテイル、響け!ユーフォニアム、ヴァイオレット・エヴァーガーデンの各シリーズ(他にも)

検索フォーム

カウンター

+207077(過去ブログ分)

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック