スカステ無料中。

昨年スカイステージ(宝塚歌劇のCSチャンネル)を退会してしまったのですが、久々にスカパー無料期間ということでタカラヅカニュースを見てみました。
やっぱりいいなー。

でもなー、毎月見るにはちょっと予算が足りない…。

ということで唐突にしてF1日本GP決勝直前ですが今まで見たタカラヅカの中から好きなモノを。

お芝居:
クラシコ・イタリアーノ
ファントム(宙組版←しか見たことない)
パリの空よりも高く
アーネスト・イン・ラブ(本当は英語表記のはず)
逆転裁判

実はエリザベートとか見たことないんです…。


ショー:
レヴュー伝説
宙 FANTASISTA!!
シトラスの風
BLUE MOON BLUE
ラ・ジュネス!

偏ってる、偏ってるよ…(あわわ)
そんなこんなで最近はご無沙汰なタカラヅカの話でした~。
スポンサーサイト

宙組公演2回目と徒然話。

前に相方の母上(つまり義母上)が上京するということを聞いたのですが、その瞬間「だったら宝塚歌劇を観せたいー!」という突っ走ったエピソードがあったのですが(笑)、本日無事観劇してまいりました。
しかも解体前(ばたん)の宙組公演を!

お芝居のほうもショーのほうもたいへん楽しんでいただけたようでとても嬉しかったです。

でもって感想としては、前回「マリオ役のみっちゃんのムダ使い?」と書いたのですが、今回はそうでもないなあというか、専科行きが決まったからだからという心境で見ているせいか、新たなる旅立ちだなあという印象でした。
とはいってももう一作品宙組であるんですが(笑)。

ショーのほうはずっと珠洲さん追っかけてました。ともちんとペアで踊っているときに何だか笑ってたので何かあったなと思ったのですが何があったのでしょうか!
そして二階席なので身を乗り出す人も多かったのがセクシャル9。これは一階席で見たかった…二階席三列目でもやっぱり一階席には勝てませんね。
わいわいわーいヽ( ̄▽ ̄)ノ

ちなみに、今日はまず上野駅に行って北斗星を待ち、そのまま有楽町無印良品およびLOFTで(便利になった)買い物&ごはんをし、そのときにswatchの腕時計を買いました。
前々からほしいなーと思ってたのですが、お手頃価格のものをひとつ。
あとはクリスマスカードを何枚かを私は買ったのですが、義母上は年賀状に貼るシールを買ってました。
やっぱりLOFTの年賀はがきコーナーは楽しいです。

そのあとはビックカメラでコンデジを見比べ。
今のデジカメ(FinePixさんですが)とはもう全然違うなーということを改めて実感した次第です。マクロが強い!
まあニコンさんかリコーさんなのですが、P300の後継機がいい形で出たらそれかなと思ったり。
でもよく分からなかったり。今度じっくりパンフを見よう…。

そんなこんなで帰りは武蔵野線でぐるりと帰ってきたのでした。始発駅はいいですね!

大シャッフル!

宝塚歌劇公式サイトを見ましたら…年末怒涛の大シャッフル大会が開催されてました…。
誰がどこに行くのか、Twitterのリツイートから書きだしておくと、

順不同 【専科いく人】夏美よう/飛鳥裕/英真なおき/北翔海莉 【花組いく人】春風弥里/芹香斗亜/華雅りりか 【月組いく人】美弥るりか 【雪組いく人】梨花ますみ/夢乃聖夏/鳳翔大 【星組いく人】十輝いりす 【宙組いく人】緒月遠麻/凛城きら/朝夏まなと

だそうで、第2ご贔屓のみっちゃんこと北翔海莉さんが専科…!(゚ロ゚)
紅5のブラック、るりかさんが月組…!

ななななんてことでしょう…!!!?

宙組公演、9日にも観に行くのですが泣くぞこれは絶対。
嗚呼…。

クラシコ・イタリアーノとNICE GUY!!を観てきました

昨日から東京で始まった宙組公演を観に行って来ました~!


いつものとおりにB席でしたが、客席降りは見れなかったものの楽しめました。
ちょっと後ろのおじさまが感動しすぎて賑やかだったのが難点でしたが{/汗/}

クラシコ~はゆうひさんかっこええなあと思う一方、みっちゃんのムダ使いというか、勿体無い役回りというか…?
でも最後までひきつける力のあるお芝居でした。

NICE GUY!!のほうは「風」がよかったです。とても。
あと、ロケットのお衣装が素敵だった~ロケット自体はあまり????でしたが、まあいいことにしましょう。

宙組本と歌劇とGRAPHとあと、珠洲さんのブロマイドがあったのでそれを買って来ました。



来月9日に今度は初S席(でも2階席)で見ます。
スペシャルなくらいに下手側なので舞台全体をうまく見渡せるといいなあ…。
客席降り見たいなあ…

黎明の風/Passion 愛の旅

2月28日に観劇してきました。
初の宝塚だったのでもう行く前からどきどきでキャホー!でありました。
これが花のみち!
これがオスカルとアンドレ!
これがガーデンフィールズかー!
などなど…。
ミュージアムで舞い上がってたのは私ではなく相方でしたが(面白かった←こら)、せっかくだったのでオスカルの部屋で写真を撮るべきでしたか…。
それにしてもキャトルは宝塚のほうが広い!
そして劇場もでかい!
びっくりでした。

ということで感想はこちら~。




平日だったので2階席はかなり見晴らしがよく…orz
いやどうしてなの!?こんなもんなんですか!?とちょっと焦りました。うーん、東京が前で宝塚が後ろの日程とかたまに組んだほうが良いんじゃないかなあとも思ってみたり。
どうしても仕上がりは東京のほうが上ですから。
なので2階席にいくときまでに人が閑散としていて寂しかったです(よろり)。


ちょっと毒舌モードです。すみません!



まずお芝居のほう。
白州さん@轟さんはこういう役はいつでも似合うよねー、という感じでした。でもなんというか…時代にあわないっていうか、時代を飛び越えたスーパーヒーローすぎてなんか変。いや、轟さんが変なんじゃなくて、役作りというかお芝居のなかの白州さんという人間をぽいと入れたときに、ひとりだけ浮いてる感がありました。
時代にあわないからこその侍ジェントルマンなんでしょうが、じゃあその心をもっと掘り下げてほしーなーと。
あと、冷めた夫婦という設定で本当にいいのかー!とも思ってみたり。たっちんにしろ梅ちゃんにしろ娘役の配役としてはちょっとかわいそう…。
一方、マッカーサーなタニさん。配役逆の方がいいー!(ばんばん)
こちらはこちらでかっこよかったがー!!(ばんばんばん)
時代背景が複雑で宝塚の世界に入り込めないのですがー!
もっとどちらかに焦点をあてたほうがよかったなあと思うのです。
いっそマッカーサーはみっちゃんとからんとむさんにして、白州さんがタニさんだったらよかったのになあ…。ダブルトップで話作ってもうまくいきません…。
不完全燃焼。

近藤さんと吉田さんと東京ローズがグーでした。
組長(涙)
あ、コーラスもよかった。

Passion。
ぶつぶつと切れのあるショーで…演出家でてこーい!
な気持ちでしたorz
Passionも愛の旅もあるもんか!ドライアイス足りないぞ!!
ヒンドゥーなところだけはよかったぞ!
最後のパレードもやっぱタニさんが最後じゃないのでこうもにょもにょと…。うーん、トドさんの各組まわりのときにトップオブトップになる制度はちょっと反対です…。
むしろじゅりさんとかガイチさんのときのような超名脇役になってほしい。じゃないと意味がなーーーーい!
のびのびできないなあ、見せ場も分割されちゃって勢いが削がれちゃってるなあと少し寂しく思ったのでした。

バレンシアの熱い花 / 宙 FANTASISTA!!3回目観劇感想

当日券(B席・2階13列上手側)で1回目を見てきました。まったくもっての平日はやはり空いていても仕方ないけど、でも基本的には埋まってるのが凄い。

当日券は京浜東北線の遅延で迂回したために少し遅れて10時半に到着しましたがゲットできました。そこでしばしぼーっと入り待ちをしてみる…(笑)。
皆サングラスつけてるから判断難しいです(がくり)
基本的に皆さんスタイルグー&大荷物&周囲の動静でジェンヌさんかどうかは分かりますがそれ以上先は…まだまだ未熟者です。
出待ちはしたことないんですが、どちらにせよ独特の習慣で好きです♪

さてはて今回。

もうどうしても頭の中で「瞳の~」と「キラキラソラソラ」とかとか流れまくりで、とどめはCSスカステの中継で、1日に見たのよりもっとかっこよくなってる(゚ロ゚)!となってて…。
そんなわけで3回目です。
見られる場所に住んでいることと、ある意味機会に恵まれたことに感謝。感謝というか…何というか…でもその分のエネルギーはもらってきました。

かっこいいぞ、宙組。
パワフルだぞ、宙組。
はじけてるぞ、タニさん。
甲斐性出てきたぞ、しかも。

続きは詳細へ、なのですがふたつばかり。

・バレンシア~の中のお祭りシーンでの服を見るたびに「シトラスの風」だよねと思い出して、わざわざ引っ張り出してきたのかしらと内心ウフフ
・アスカルゴとチギーチュのダンスがかわいい
・ていうかこんな素敵なショーをありがとう!

…ひとつ増えてる(笑)

では宙組東京公演「バレンシア~」の感想です。

あ、そうだ。もうひとつ(追記)。

レオン将軍とフェルナンドさんの乾杯のシーン、「プロージット!(ガチャーン)」と頭の中でなっちゃうのはなぜでしょーう。



パンフレットを改めて見ましたがやっぱりルカノールは「公爵」です。「公爵」
「侯爵」じゃないですよー!!!!<タカラヅカカフェブレイク@ともちんの回@TOKYO-MX

侯爵だとフェルナンドと一緒になっちゃう。
ていうかレオン将軍よりフェルナンドのほうが爵位が上なんですね…って世襲だからそうか。でも軍籍にいたし…まあ関係ないか。
ロドリーゴは伯爵。
ぬ? 前のバレンシアの領主は侯爵だったの?
公爵をルカノールが名乗ってるっていうのがいわゆるジョセフ・ブケー…違う、ジョセフ・ボナパルトにシッポを振っている証拠ということか。

フェルナンドって若いなあって見ながら思いました。
危うい年齢まっしぐら、可愛いなと思える自分がいます(タニさんはもちろんかっこかわいいが、フェルナンドというキャラについて)。
本当にまっすぐ育ってきたんだと思います。それが仮面だったと気付いたのが幸いだったのか不幸だったのか…幸いですよね、最後まで。
はずした仮面を再び付けるのではなく、はずしたままもっとかっこよくなって生きていく…きっとそれがフェルナンド。

ロドリーゴは…フランツ@マゼンタ色の憂鬱だったらこうは…こうは……! ああでもここはスペイン、フランツはドイツ!((c)榛名しおりさん)。流れる血が、感情が違いすぎるー!
熱いのですよ、バレンシアは。
そして黒く見えるくらい白なのですよ。光と影の国、スペイン@愛のアランフェス。

ラモンくんはイサベラさんを慰めてあげてください…(しくしくしく)
イサベラさんはもっとかっこよくなっていくでせう…。


で、舞台の感想でございます。
と、その前に…お芝居が始まる前に前のめりでご覧になっている方が(小柄な年配の方+しかも前が手すりだから気持ちはよーーーく分かるのですが)前にいらっしゃって、小声で「すみません」とお願いさせていただきました(ぎ、銀橋が見えなくて)。
お芝居の後に「差し出た真似をしてすみませんでした」と申し出ると「いいのよ、ごめんなさいね」と笑顔で仰ってくださいました。
多謝。

睡眠不足だったのですが、眠らなかったのです。
でも辻斬りのところのイサベラの科白まわしだけは(科白そのものが)どーにか別の方法はなかったんかと未だに思います。「愛ってホニャララなのね…」って自分で言っちゃダメなんですよの法則です。
マンガなら心情吐露が容易なんですけど。
ロドリーゴとシルヴィアは描ききっているだけに勿体無いよなあイサベラはーと思う次第。
イサベラとラモン、フェルナンドとマルガリータはチラリズムで大丈夫、むしろそれがそそる!とかとか考えてます。

オープニングはやっぱりやっぱりかっこいいです! タニさん歌安定してきたし、群舞はかっちょええし!
ルカノール@ともちん、今日も今日とてスーパー悪役。ザ・悪役。理由も何もあったもんじゃなくとにかく悪役。私腹をこやし野望に目をくらませ足元が見えないまさに悪役。だけどかっこいい…。このかっこいい悪役っぷり、かっこよすぎて最後がもったいないけど(あっさり殺されちゃうし(ばしばし))、階段のほうへ足を運んだのが間違いだよなーとFF12ファンは思う次第。ハメ技…。
やっぱりラモンはみっちゃんの方が好きですが、これでもう一度戻ったのを見てみたい…アンケート用紙もあるし…。ラモンみっちゃんはイサベララブ、旦那方ラブ。かわいい。でも素敵。そういえば今日の「ローラ…!」は凄く溜めていて思わず涙。
フェルナンド@タニさんは歌が安定。イサベラも好きだけどやっぱりマルガリータだよね、結婚するなら(私ならです))というのはさておき、ロドリーゴとのかけあいが好きです。あとやっぱルーカス大佐が家にやってきた後のやり取りが…(笑)。結構、素な気がする…(笑)。
ロドリーゴとむさんはこちらもこっちの方が好きです。シルヴィアラブ、隠れ激情家。
マルガリータたっちんは前回同様「…いいひと(しみじみ)」。耐えて耐えて耐えて…あんまり耐えるといつかは逆切れでかっとんだお嬢さんになりそうな素質を秘めているに違いない…(笑)。もうかわいくてかわいくて好きだー! 花嫁シーンがけなげだー!
セレスティーヌさまは一度かみました。でも「ファントムだって間違える(byたかこさん)」。日常だって普通に喋っててもかむものはかむ。
マルカス@チギちゃんは今回ロドリーゴの養子発表と義勇軍へようこそシーンでガン視。姉想いの健気な…ユリアン・ミンツです。かわいい(><)
ルーカス大佐@まさこさんは今回もバリバリバリバリにすっしーさん並みに「ばかもの!」と言ってました(笑)。ところでこの人、ルカノールを最後見限ってますか?(呼んでも来ない)。同期対決はもっと長く見たいー!見たいけどでもこれもかっこいいー!
どろぼうさん@えりこさんは素敵どろぼうさんです。でもなんというか、なんでも屋さんかな。彼みたいな人が国をこっそり変えていくに違いない。そして「NOW ON~」で勉強したので「親父!!!」には強い想いを感じました。うがーかっこいいー!
ホルヘ@鈴鹿さん。最後の死に際が階段から落っこちそうになってました(汗)。救出救出。

目、目が痛くなってきました…続きは明日…(汗)
イサベラさんもシルヴィアさんもローラちゃんも書いてないのに!
エル・パティオの小芝居で突っ伏してたのは誰だ!誰かにふられたのか!

ショーのほうも明日。アドリブはメモってますので大丈夫(笑)。
素顔のわたさん、なんだかナチュラルーにかっこよかったです。ご尊顔拝見できて感激だー!

CSスカステ5周年記念番組の感想

先日土曜日はスカステ(タカラヅカ・スカイ・ステージ)開局5周年記念番組(3時間生放送/宙組公演あり/TCAあり)でした。
生で見ることできなかったので今日見ております(現在進行形か)。

宙公演また行きたいです(しつこい(笑))
他の組も見たい。
…スカステ見てると余計に見たくなる、ぎゃー。F1もまたしかり。CSの威力って凄いなあと思っております。

以下、実況感想。



途中から実は見てるんです。
宙公演から見てます(笑)。
…いやほらどこからやるか気になってたものですから!(土星からでした)

<宙 FANTASISTA!!なはなし>
木星から見たかったけどそしたらすべてをバラすようなもんだからできませんよね…(涙)
土星はでも好きです。なんかこう、ごり押しパワー!ってひとつが皆で皆がひとつって好きです(いやそうじゃなくて)。宙組とフェラーリがもうダブってがんばれー!好きだー!と応援したくなるんです。さておこう(笑)。
#でもきっと似ている。


  • ともちんもかっこいいーあの集団好きだ
  • 氏族同士の争いみたいで
  • でもそれって絶対的なエネルギーが足りなくて皆もがいてるだけで闇が来て茫然として
  • 故にこそのタニちゃん登場なわけですが、宙でのタニさんが好きなのさー
  • 土星は鳥肌が立つのです(こういうの好きだから(笑))
  • トランペットがすっこけたけど
  • でもタニさんの服ってやっぱマミさん系だよね
  • <追記>でもここって宙組10年目の場面でもあるんだー!(だってシトラスの風と似てる(「誕生」だっけ)) パートごとに踊るのがー!
  • ようこちゃんがかっこよくて好きだ。骨太って素敵だ(ほめてますよ!)
  • 一億色のパステルって言葉が大好きだ
  • タニさんに関しては、ファントムの年のシャッフルが今も凄く(私が)悔しいのです(なじむのに大変だったろうなと思って)が、でも大運動会があってよかったよなーとも思ってますです
  • きっとBMB(※BLUE MOON BLUE)を見まくってたから贔屓のひき倒し状態なんでしょうけども!
  • 3年、4年くらいはやってほしい(その間に歌うまくなると思うのだ(ミレチャレ思い出しつつ(いやあの頃たかこさんも歌指摘されてたようなとなとなと。ミレチャレのときのわたさんも…あと、ロケットの前の虹の彼方にな水さんも…ええとええと…今は凄いよ!もちろん!))
  • だからファイトだ
  • 関係ないがミレチャレ@NHK版は和くんをアップにしてるのでほんとにビデオを捨てられない(ですよね?)
  • 話を元に戻すと
  • 色を作ってほしいな
  • あと、ともちんは宙にずっといてほしい
  • 七、十も
  • ぱーっと開いた手をグーにするのはファントムのときもだけど好きだツボだ
  • 「宇宙のファンタジー」だねーと教えてくれてありがとうよ>相方(前にニュースのときに教えてくれました)
  • 「スカイハイ」だと教えてくれてありがとうよ>弟(1日に見に行ったときに教えてくれました)
  • この日はあまりダンスが合ってなかったチックですが曲はタニさん向きですよね。若いってすばらしい系。粋がるってすばらしい系。
  • 包み込むのは甲斐性が出てこなきゃ無理なのさ~。
  • お披露目の頃はこっちの粋がる系がいいのさ~(群舞があるだけ嬉しい)
  • たかこさんのトップになってからのショーを色々見た相方いわく「甲斐性が増している…」
  • レヴュー伝説のときのデュエットとサヨナラのときのデュエットのときのまなざしの強さが違ってまして、ああでもシトラスの風のノスタルジアの手を離したくなさげなパトロンたかこさんはかっこよかったよなあ
  • そういえばあのときずんこさんもまだ奪い去るだけの甲斐性はなかった…
  • この間宇宙のファンタジーまき戻して何回も見てます(笑)
  • 先に進めや自分
  • そうそうそうそう、タニさんの「ウラウラウラウラウラーーー!!!」は一種武器だと思う
  • そうそう、新人公演でルカノールがゴー・アカツキ氏で素敵キャスティングだと思った
  • ヴィセントも好き
  • ピッピも好き
  • 王子様でゴーだ
  • 王様でも王子様なの(アナトゥールか?)
  • おそれず歌のお稽古してねー!
  • スカイハイですー
  • このデュエット豪快で好きだ
  • 飛ぶようで素敵
  • アニシナペーゼラみたいな感じ
  • A/Lの片鱗がある(笑)
  • 銀橋渡るとこがツボだ!
  • お辞儀が好きだ!
  • これからもよろしくねーなの
  • 幸せーなの(ほらお芝居が悲恋だったから)
  • たっちんラブ
  • 歌がうまい人が多くなって素敵だ
  • キラキラソラソラ…この曲好きなのー
  • OPのほうも鳥肌ですよ!
  • アリスちゃんかわいーこの子も宙のままでいてほしいー
  • 鈴鹿さんがかわいいいつでもかわいい
  • らんとむさんよろしくお願いします(ぺこり)
  • それにしても90度お辞儀が伝染しつつある…(笑)
  • あとでマミさんが何か言うか楽しみだ(あるのかな)
  • シャンシャンのさばき方はジュリさんがやっぱかっこいいよねーあれはもうサギのようにかっこいい
  • 踊ったまま終わるの大好きなのミレチャレで好きになったの(笑)


ということで続いてスペシャルレヴュー(卒業生組+宙+トドさんKEAN組)の方を…の前に…コムさんかっけー…。
もっと見ておけばよかった…いやスカステよろしく…。
でもコムさん一時期宙っ子ですね。さ、探せなくてすみません(がびん)

<阪急100周年+CS開局5周年の巻>


  • コムさんとわたさんいらっしゃって嬉しい。でもこの並びで言うと06年卒業組2人いてひとり(もといふたり)いないのがちょっとかなり寂しい
  • いつか宝塚のお仕事もしてねというかしてくださいお願いします夢見てます>たかこさんハナさん
  • 黄金の刻…って…あ。
  • うちの弟氏のおさななじみ(ていうか私の友達の弟)が出るじゃん(゚ロ゚)(里見さんが主役で武道館って聞いたので結びついた) いや、ちょい役らしいけど
  • ザッツレビュー好きでした。BSありがとう
  • コムさんの服が好きだ。別荘の王子様…!
  • いいなあこの日の宙組公演
  • あやしい集団(笑)<KEAN
  • 歌綺麗…いいなあ
  • レミゼも見たい
  • まーちゃんかわいい(ばしばし) この歌好きー
  • 後ろの影コが気になる(笑)
  • 愛あればこそいきますかーーーーー!!!!!(゚ロ゚)ノノ
  • 「王家~」観たい。
  • この前やってたっけ録画しそびれたっけ(がく) いやああわたさんかっこいいー!(ばしばし)
  • まだまなざしがタカラヅカですねかっこいいですねがぶがぶ
  • 似合いすぎてこわい(がくぶる)<オスカル
  • むしろ今後ベルばらやるんだったらメイクとか全部一新しないかしら
  • 「愛~」ってマミさんがヒッパレで歌ったよなー。
  • BMBの影響でしつこく見まくったなー<ヒッパレ ジャニーズメドレーのフリ(シューマッハ部分)踊れるですよー マミさん抱きかかえてて最後ぜえはあしてたのがタニさんです
  • やっぱタカラヅカにおいて歌は大事だ
  • 酔わせる歌が大事なんだきっと
  • ぽむぽむぽむぽむぽむ
  • ドラマ(゚ロ゚)
  • 多分喋ってるのはとうこさん(笑) 犯人(笑)
  • やっぱコムさんは司会だ(笑)
  • ゆっくり女になったらいいのよ(byマミさん)
  • 半ば強引(!?)に茶々姫になる人もいますが!(どきわくどきわくそらそら…社長は!?)
  • 社長って書いた瞬間にたかこさんとハナちゃんにコスプレしてほしくなる
  • クラウドでもセフィでもルーファウスでも<たかこさん
  • エアリス希望<ハナちゃん あともちろんティナ
  • かなみんはスカーレット…(だってだって…HANACHANGのシーンが!)
  • アーシェは誰だろう(考) アリスちゃん。背が高いから…ようこちゃんもいいな
  • BMB!!!!!!!!!! せつなくてー♪   ばばばんざーーーーーーい!!!!(><) ありがとうスカステ!ありがとうマミさん!!!ありがとうたかみー!!!!
  • ところでどうしてぶんちゃんはその格好なんだ でもやっぱ素敵だ あ、そういうことだ
  • ど、どきどきどき
  • きゃああああああ!!!!!(><)<ED
  • 時々カラオケで歌います!(クラの合間に!)
  • 踊れる人そこにいるよ!!(タニさん(笑))
  • 東京宝塚劇場でこれが聞けるなんて…(1000daysだったよねえ)
  • 当時よりかっこいいい…!!!!!(ばしばし)
  • 色々暴露されていく(笑)<ぶんちゃん 
  • トドさん現役だからまた面白い(笑)
  • 伊織さんが代役っていうのも凄い!
  • とうこさーーーーん(笑)<TCA延長大犯人!? 
  • きたきたきたきたきたきたきた
  • お、面白い(爆笑)
  • がんばれ!!!<合同チーム
  • かわいい、やっぱ大好きだ…(ばし)<タニ&ようこちゃん
  • 王様登場(すみません、私にとってはトドさんは王様か実業家なんです←しかも面白系)
  • サングラスとマスクで走ってきたのだろうかやっぱり!
  • KEAN組に和くんいないのが個人的にこの瞬間だけ悔しい
  • みっちゃんも月組っ子だったなあ(ハミルトンみたいだけどみっちゃんは好きなのよ)
  • あー豪華だー歌ってる曲が好きだー
  • 後姿が見えるのが好きなんです(準備の際)
  • あれはようこちゃんか?
  • イサベラな感じに見えたから(笑) 大当たり~
  • これ歌いたい人他に2人いるな あ、でもともちん登場<雨
  • マーメイドなお衣装かわいー♪
  • セーフ!(おい)<Life
  • セリが出た(゚ロ゚)
  • 燕尾だ(゚ロ゚)
  • 次の次の公演、またかわいいのやってください大人の女役路線突っ走らせるのは勿体無い…!<ようこちゃんのこと
  • 同期だ同期だ
  • ノバボサノバ対決だ
  • どきどきどきどき
  • 混ざりたい人あちこちにいるよ(笑)
  • そういえばトドさん、次の公演宜しくお願いいたします(ぺこり)
  • マミさんとトドさんの歩幅、やっぱり一緒です。
  • ターニー!(笑)
  • わーいマミちゃんからご紹介いただいたー!アドリブ大魔王ー!(ショーの一場面で毎回違うことを言う)<キザで倒す でもかわいい
  • やったつっこみもらった!(笑)<キザ ええ昔からね、マミさんゆずりだよきっとね
  • とうこさんはどこまでも突っ込み(笑) そして先輩方はそれをさらに突っ込み倒す(笑)
  • TCA組がかわいいよ…(笑)
  • 水っちー、元宙っ子ー(ばしばし) 
  • あ、仲良しっぽいのは嬉しい(笑)<トドさんとタニさん(今まで接触点ありました?)
  • もはやエール交換になってないか!(笑)<自己紹介
  • TCAスペシャル実は見たことがないんですよー
  • 水さん歌声安定したなあ
  • アサコさんは問答無用でかっこええなあ
  • とうこさんはかわいいなあというかかっこいいなあというか私の中だとやっぱ伯爵。そしてミラク(げし)。ファントムやってほしー
  • オサさんの舞台見たことなくてほんとにすみません(汗)。でも君が代が凄く綺麗なのとVISAのCM綺麗なのは知ってるのでやっぱりうまいよねというかかっこよいよね
  • …タニさん、ファイト☆
  • いいのよキザなのよかわいいのよ(開き直るな)
  • 時差がこわいこわいぞ
  • マミさんが司会じゃなかったら大変でしたぜ、いえい♪
  • オサさんが歌うすみれの花咲く頃…いいよなあこの歌いだし
  • いいよなあ…(うっとり)
  • 音声さんがんばれー!
  • 一番美味しい思いをしてるのはスカステ組かもしれない!
  • お疲れ様、マミさーーーん! かっちょえー!
  • あやかさま!!!!(゚ロ゚) 三大ウンディーネ…違う、三大娘役のひとり!
  • しかも旦那さん連れてきて!!!!
  • いつだったか、ノルさんがヒッパレで「私の奥さんでした」と言ったのを忘れてはいないぜ!<中山さんに
  • その後ろで歌って踊ってたのはえみくらちゃんだったぜ
  • やったーー!!!こっちも大好き!!!<TAKARAZUKA FOREVER
  • マミさん?(にやり)<移動し忘れてトドさんにどつかれた(笑)
  • ぴったり止まるんだなあ(最後のとこで) やっぱりなあ、決まりですよね(><)
  • 幕開く?
  • 開く?
  • あいたわ!
  • エール交換だわ!
  • 色々面白かったです。突っ込みどころが多すぎて(ばしばし)
  • マミさんお疲れ様でしたー!(ぱちぱちぱちぱち)

バレンシアの熱い花 / 宙 FANTASISTA!!2回目観劇感想

本日ファントムデーにつき、録画し忘れていた…もとい、気づいていなかった「NOW ON~」を先ほどあわてて録画。
セーーフ。

で、弟氏と一緒に宙組「バレンシア~」を見てまいりました。私は二度目。弟はタカラヅカそのものが初体験です。
「舞台装置と照明見てるだけでも面白いから」
もはや私の勧めるときの言葉はこれ一辺倒か…?
#でもあの早業はすごいと思う。
#ほかにもいろいろ凄いところはあるけれどもまずは見てほしいというのがあり。

とはいえバレンシアは話が入り組んでいる(とNOW ON STAGE見て「?」となった私はそう思った)ので、弟には予習として彼が引越するに伴って譲ることになったビデオデッキのダンボールの中にパンフレットとマンガ版を忍ばせ「絶対に読むように」と指示を出しました。
結果、途中うつらうつらしてたけど何とか最後まで見てました(笑)。オペグラを貸したのでよく見えたのも一因かも。

見る前に「あ、ロドリーゴは髪長くないからね」と言うとあわててパンフを凝視。しかも本日から役代わり。パンフが参考にならない(笑)。



 ロドリーゴらんとむさんはフェルナンドと仲良しさん♪という感じですが、シルヴィアとはまだラブがちょっと足りなげ。
 ラモンみっちゃんはイサベラ激ラブ。最後にフェルナンドをかーなーりー凝視していてグッジョブ。さらにケガしてフェルナンドさんちに転がり込んでいるときの椅子お芝居がすっこけまくっててグー(笑)。華やかさはらんとむさんと同じくらいなので双璧と呼ばせていただきやす…(笑)。
 ルカノール悪役ともちんは今日はちょっと嫌味度が薄くって、前から気になってた「あっさりやられてる」を弟にまで指摘されておりました。やっぱもっとあがいてほしいよね…男前なので尚更、余計に。なんかこうオタオタする人じゃないもんなあ。
 順番しっちゃかめちゃかですがフェルナンドタニさんはオープニングが好きー。姉弟そろってあの場面が好きですがそいつはさておき、最初に見たときよりイサベラへの想いが伝わってきたです。強引なところ好きだ。でもやっぱ復習の…復讐の誓いをたてるところの振り付けは単調なのでなんとかならなかったのかなと思う次第でごろんごろん。
 イサベラようこちゃんは今日も素敵に魅惑的でした。ああ私のおてんば天使…(←まだ見てないのに言う人)。
 ショレ…もといホルヘ鈴鹿さんはかわいい♪ ドンファンどろぼうさんえりこちゃんは親父さんへの愛憎が一瞬メラゾーマという感じでグー。そして軽妙どろぼうさん大好きだ。ルーカス大佐まさこちゃん、悪役その2お疲れ様でございます。敵ながら大好きです。
 シルヴィアまちゃみさんはロドリーゴが戻ってこなかったらあのまま我慢したんだろうなあとそんな風に思いつつ、線の細さが素敵だ。
 ローラなアリスちゃんは啖呵がやっぱ気持ちいいです。そして死んだときの表情がかなり…凄かった。背筋がぞっとしました。生きているときはもちろん可愛い。らぶー。 でもラモンさんがローラー!と叫ぶと…傷だらけとつけたくなりますよねなるよね。
 レオン将軍まりえさんは…やっぱ腹黒ですよね(笑)。好きだけど。憎めなさすぎだけど(笑)。
 マルガリータたっちんは清涼剤&天然ボケばんざい。フェルナンドとももちろんうまくいくだろうけど、ラモンとお話しちゃんとしてみたら結構あうんじゃないかと思いつつやはり歌が…もっと聞きたい、歌がー!

 クラリネットがそういえば頑張ってました。ブリッジの音はうまく出ないので参考にさせていただこう…。

 休憩時間にあれこれそれこれと弟と話しつつ、違和感はないそうでそれはよかった実によかった。

 ファンタジスタのほうはもう弟には「チギーチュ群舞フォボスダイモス木星マネー!」と言いおいてほっぽりました(酷)。
 以下箇条書きです。

 やっぱたっちんの声好きだー(><
 そしてあのタマゴからバーンと出てくるのは前にマミさんが「タニ、桃太郎やりなよ!」って言ったとこに由来するに違いないー!(ばしばし)
 群舞とコーラスは宙組の宝物だとやっぱり思います。
 主題歌が頭にぐるぐる回ります。
 チギーチュがどこまでもかわいいです。
 お月様での黒燕尾うさぎのしっぽが超かわいいです。あれ反則!
 あれほどフォボスダイモスーと言っておいたのにすっかりそちらを見るのを弟は忘れたらしい(しくしく)。でも自分は堪能したから(スズさんともちん素敵すぎ…ビュリホー)いいとして、やはりようこちゃん魅惑&魔性(笑)。
 カロリスならんとむさんを見るとトキを思い出します(別の場面でタニさんがやたら「ウラウラウラーーー!!」と叫んでいるからかも←ケンシロウ?)
 妖しくて大好きだ水星。
 コムさんがトドさんを誘惑する妖しいダンスも好きだったなーってあれも藤井さん作品?
 木星は気持ちが澄んでほにゃーっとなりまする。
 名前が随所に織り込まれてるのが私は好きだぞ。
 ハナちゃんは嬉しそうだったけど最初聞いたときはどっきりだったワーオワーオ@ミレチャレも好きだけど。
 しみじみするのです。
 そしてマニマニ。
 マネマネではない…。
 でっかい3人組、ほんとゴージャス(笑)。
 ところで中詰めの終わりにタニさんが「ナントカがもろくずれ」って何がもろくずれだったんだろう。ていうかあそこって毎回アドリブか!
 黒い鳥さんはいつ見てもきれいです。
 土星パートは好きだなー。こういう起承転結あるのは大好きです。でもタニさんも一緒に踊ってほしー。トップのつらいところかな…。
 男役群舞はえへへへ(不気味)。
 スカイハイなデュエットダンスは最後がとにかくかわいい! これからどうぞよろしくねという感じで好きだ! でも銀橋ダッシュはもったいないよう。エスコートはかわいいよう(><)
 フィナーレは…あの曲やっぱ耳に残るです。そしてべこんとお辞儀するタニさん。もはや伝統か

 楽しかったなり~~~~~~♪×2
 でした。

 で、帰りに有楽町無印@リニューアル中でアイロン台を買いました。これで座ったままアイロンがかけられます。
 わーい。
 それと弟氏の冷蔵庫と洗濯機選びに付き合ったのですが…何がいいかなあ。ベッドとかも。うーむ。
 ニトリニトリIKEAIKEA…ていうか西友が近くにあるならそこでまず買えー!と突き飛ばして終了(おい)。
 料理もこれからするんだというので料理本はいらないのを送ろうと思うのでありました。一応その前にスキャナにはかけておこう…(めもめも)

宙組公演「バレンシアの熱い花/宙FANTASISTA!」の感想その2

その2は感想じゃなくてその日キャトルで買ったお買い物~です。

GRAPH:まだパラパラとしか読んでませんです。
Saita:たかこさんのまっすぐおろした髪に「中身ー!読みたいー!」と勢いで(笑)。まあもともと「Saita」は前に通ってたお医者さんのとこの常駐雑誌で割りと好きだったのでほかの記事も読めそうだしいいかなーと。
Stage:TAKACHANGが見れて嬉しかった(こら)。写真の勉強になるねーと相方共々読み、「NEVER SAY GOODBYE」(実は私まだ本編見てませんすいませんごめんなさい(平謝))のカメラを見て赫々云々と概略を説明すると、「あ、ロバート・キャパなのかな」と即答…。

私「え!?」
相「だってスペイン内戦でカメラでこういうカメラってったらキャパでしょ」
私「そそそそそれって」
相「教科書にベトナム戦争中に川を渡って逃げる親子の写真なかった?」
私「あ、それは知ってる。知ってるがそれがキャパっていうのは知らナンダー(゚ロ゚)。…もしかして学研の写真雑誌の名前がCAPAなのは」
相「そうですねえ」
私「写真やってる人にとっては常識でショウカ…?(大汗)」
相「いや、人によると思うけど結構普通に……」
私「……………………(しくしくしく)」
相「ライカでレンズはニコンじゃなかったかなー。日本にも住んでたことがあったらしいし」
私「宝塚関連で原典を教えてもらったのHANACHANGのフェイ・ウォンに続いて2回目だよ…。あーでもそういえばニコンの写真展のときキャパ展も東京写美でやってたよ!そうだよ! でも結びつかなかったんだよー!」



去年あまり実は情報仕入れてなくて(引越しでまるで余裕がなかった)、そのツケが来たのか何なのか、そういえば一体何の話だったっけ、そうだよ「Stage」の話だよということでたかこさんとハナちゃんのツーショットが実にかわいくて好きです。
パンフレット:お約束。
銀の狼(バレンシア~が入ってるマンガ):これについては感想その1ご参照ください。

キャトルの店員さんかわいくてテキパキでいつも素敵だな~とときめいております(怪しい人だ)。私が行ったときはまだガラーンだったのでゆっくり見放題で幸せでした♪

ところで…お買い物とは関係ないのですが…




和くん戻ってこないかなあ(寂)。
星でも元気にしてるのは知ってるし、ファントムのときにとうこさんに蹴飛ばされてるご縁もあって(笑←でもこの前の歌劇だったかGRAPHだったかで一番なついてたのは事実だ)大丈夫で元気でやってると思ってるけど、単に私が寂しいだけという…(苦笑)。

ということでその3に続きまーす。

宙組公演「バレンシアの熱い花/宙FANTASISTA!」の感想その1

9/1に弟と見に行く予定の予習(?)もかねて、宙組東京公演「バレンシアの熱い花 / 宙FANTASISTA!」を見てきました。
ということでネタバレレポ、行ってみます。ちなみに次のような順序で書いていきます。

1:脚本つっこみ
2:お買いもの
3:舞台感想



1)脚本について <ここだけですます調ではないです>
 少し早く着いてキャトルレーヴでパンフレットのついでにさいとうちほさんの絵によるマンガ版「バレンシア~」も買って読んだ(文庫版コミック「銀の狼」収録。今回の公演が決まる前に発行されている)。「歌劇」を読んでもスカステの「NOW ON STAGE」見てもいまいち誰が誰でどうなってこうなるの?というのが錯綜気味だったからである。
 読んだ感想としては…これはもう「ぬるい…」の一言というか、「役づくり大変です…」というか、さいとうさんの作風も割とさらりと流すほうなので(展開が速い)その影響かとも思ったのだが、それを語りだすと他に行ってしまうのでとりあえずマンガ版で得た知識をベースにもう少し詳細な感想を述べたい。
 
 一体いつ暗殺されたか分からないが、父を殺すよう命じたのが(やはり)ルカノール公爵・現バレンシア領主だと知ったフェルナンドは復讐を誓う。……誓うのだが、そこまで父の仇をとらなければと思うのであればマジョルカなんて行ってないで捨て身ででも自分で犯人の正体を調べ上げ、とっととルカノールを始末したのではないだろうか(若さ故に突っ走るパターン)? レオン将軍から犯人の正体を聞かされてから動いている時点で何かがおかしい。大体、仇討ちの理由が「父を殺されたから」というのでは青年の行動理由としては少々幼いのではないだろうか。父が殺された上に濡れ衣をかぶせられて貴族の位を落とされ館を没収され家は零落、家族である母は気丈にふるまうが(フェルナンドが送る軍給からの送金で)別邸みたいな館を守るので精一杯な上、その父がバレンシアでは良主として名が高く、今やバレンシアは寂れる一方……という事実がフェルナンドの肩にのしかかっている位でないとルカノール暗殺は決意できないのでは。本当は。
 とはいえ、人の心中は計り知れないものでフェルナンドはレオン将軍の情報を頼りにルカノール公爵暗殺に向けて動き出す。この時点で彼はレオン将軍の野望の駒になったわけだが、それでいいのか。そんなんでいいのかとまずひとつ突っ込み。
 一方、ルカノール公爵は油断しすぎである。もっと現実を認識し、また、野心を上手に使い分けてこそ彼の存在は引き立つのだが、セレスティーナの言葉に耳も貸さない彼は政治家には向いていない。あっというまに寝首かかれて当然だが、こんな奴にフェルナンドの父親がみすみす殺されるかと思うとそれはそれで納得がいかないのだが、いつの世にも陰謀や権謀術には長けているくせに政となるとどちらを見ているのかさっぱりぽんというのは多い。せめてフェルナンドに監視をつけるくらいはしろよ(してたような気もするけど)。
 他方、ロドリーゴは気の毒だが、彼をこの話の主人公にすると話はすっきり収まるがあんまりにもベタなので、そこが唯一の変化球なのだろうと思う。変化球なのだがロマンティックでドラマティックな二人なので読者(観劇者)の視点もそちらに移行する。そうすると相対的にフェルナンドとイサベラが薄くなってしまって、マンガとしてはともかく宝塚の舞台としてはそれはあまり嬉しくない。
 イサベラやラモンは「炎に口づけを」並に下層階級のコンプレックスを表に出すか、いっそ裏としての顔を持っているほうが終始納得がいく。ラモンはまだいいとして、イサベラはどこか他所から流れてきたとか、ガーターベルトの下に短剣隠しもってるとか、それくらいでないとフェルナンドの辻斬りに情熱を点したりはしないだろう。むしろ、最初からフェルナンドに惚れていて、彼の(辻斬りという)弱みを握ったことをきっかけに関係を持ち、彼も徐々に彼女を必要としていく(目的のためにとはいえ辻斬りを行うというのは結構しんどそうだ)……とした方が納得がいく。
 
 で、さらに舞台を見て思った感想としては、マンガ版より掘り下げられているけれど↑な点に対しての疑問点などは残る。
 ところで、スペインがフランスの属国と成り下がっていたこの時代だが、家に帰ってきてふと1992年バルセロナオリンピック開会式で工藤アナウンサーが言った言葉を思い出した。
 「右からバルセロナの市の旗、スペイン国旗、そしてカタルーニャ自治州の旗です」
 これは三本の旗がスタジアムに入場してきたときの言葉だが、バレンシアも「スペイン」という国の一部という意識よりは、「バレンシア」というひとつの国であると住民の誰しもが思っていたはずだ。バレンシアを愛し、バレンシアを守る。だが、そのバレンシアを苦しめている……非道にも税金を上げられたおかげで貧しくなっていく自分達がいる……そんなシーンがオープニングの後にほしかった。暗殺(というより反乱)される人間にはそれ相応の怨念が渦巻いていないと分かりにくい。また、兵隊を徹底的に毛嫌いしてほしかったし、兵隊もさらにもっと高圧的でもよかった(が、そうしていくとNEVER SAY GOODBYEにかぶるし…)。
 マルガリータは清楚で賢明で一番強い。強すぎていっそ彼女が領主になればいいのにと思うくらい強い。おそらくはレオン将軍が領主につくのだろうが(セレスティーナ公爵夫人か?)、バレンシアでの今回の一連の事件をスペインはどう思うのだろうか。そのフォローがなかった点が残念である。
 フェルナンドに関してはマンガ版よりはまだずっと掘り下げているが、そもそも彼の動機が弱いのでそれ以上もうどうにもならない。が、最後のイサベラの歌はぜひ過去形であってほしかった。フェルナンドとイサベラの愛は、本当であったかもしれないけれど、けして永遠のものではない。フェルナンドが短い間に燃え上がらせた暗く澱んだ陰をイサベラは好み、愛した。そうしてフェルナンドの復讐が果たされたとき、それは憑き物がとれたようになくなってしまったのである。フェルナンドについても同様。だから、最後は「愛していた」が正解なのだ。「愛している」では未練タラタラで不実この上ない。もしまたフェルナンドが気まぐれにイサベラと不倫なんぞしようものならそのときはマルガリータ、どんどんこらしめてやれ(どういう応援の仕方だ)。
 シルヴィア@公爵夫人について。ロドリーゴと愛は通じたが、彼女の「立場」をロドリーゴは甘く見ていた。男は(特にこの時代の男は)目的を達成すればそれで終わりだと考えるが、女は違う。自分の立場を見て、将来を考えて、彼女はそれ故に自害した(はず)。あれだ、BASARAの朱理の母上と一緒だ。実際に彼女がどのようにして死んだのかは舞台上で見たかったが……(ルカノール公爵が道連れにするとかでも可。むしろその方が…ええと…(マゼンタ色の憂鬱好きです…フランツラブ…)
 「シルヴィアが死んだ…!」というそんなロドリーゴの悲痛な叫びに対して、フェルナンドは言う。「イサベラも死んだ…」。
 死んでない死んでない(苦笑)。死んだのは、葬ったのは、イサベラとの過去であり、「自分の中の」イサベラである。彼にはまだ未来がある。癒してくれる母とフィアンセがいる。彼女らに黙って行動していたことに対する罪悪感がこれから働くのか、それともレオン将軍の右腕となって生きていくのか……刹那の恋愛はいずれにせよ、終わった。
 最後にここまであんまり触れなかったラモンについて。イサベラを手放した(自分の立場を優先させたともいえる)フェルナンドを彼は最後に一回くらい殴っても(ぺちっと叩くくらいでも)良いくらいだ。
 
 以上、脚本に対してのつっこみは以上でした。
 でもそれを踏まえれば面白かったです。はい。

 長くなりすぎたので以降の感想は後ほどでーす。
 龍泉洞の水が何であるんだろう…といつも思う…(笑)<東京宝塚劇場 

プロフィール

Sarururu

Author:Sarururu
最近は手芸(バッグ、がま口小物、自分用の服作りなど)の話がメインです。時々読書感想やゲームなどについても。
趣味:
手芸いろいろ、読書、もの書き(同人)、お茶を飲む、ゲーム(FFTなど)、F1情報収集
好きな小説(ラノベ多め):
十二国記、まるマ、マリみて、シュガーアップル・フェアリーテイル、響け!ユーフォニアム、ヴァイオレット・エヴァーガーデンの各シリーズ(他にも)

検索フォーム

カウンター

+207077(過去ブログ分)

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック